読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

イクコハトヤマさまとか

ミカセ
 本屋に行きましたらば、鳩山郁子さまの新刊が出ていましてホクホクと購入いたしました。そういえば最近マンガ買ってないなぁ。買い続けていたシリーズの新刊が出ていても、何となく通過しちゃったりして。あまりマンガ読みにベクトルが向いていないようです。小説は「12Y.O.」読みました。あー…「亡国のイージス」より先に読んでおけばヨカッタ、かな。ワクワク度もイージスの方が高かったです。やっぱり艦好き要素は大きいと思いました。12はヘリパイのおじさんが出てくるので、その辺りの描写はギューギュー来てた*1んですが、何だろう…ちょっと惜しい感じかな。物語としては面白いし、エンターテインメントとしても充分だし、ラストのカタストロフも宜しい感じなんですが、何だろう。足りないのは…あっ、やっぱり如月行か(笑)。や、ウルマ可愛いかったんですけどね!
 次は「川の深さは」が待っています。電車に毎日乗るようになったらサクサク進むんだけどね〜。
 で、鳩山新刊なんですが、…やっぱ大好き…。線がすっきりしたような、キャラクターの顔がマンガ的になってきたような*2感じがするかな。でも、珍しく後味のいい作品が多くて、ステキでした。でも後味謎なのも好き(笑)。葡萄園の話がすっごく…官能的で…よかったです。蔓性植物っていいよね。あと碍子な話が、話としてもすごく好きなんですが、鳩山さんの碍子好き*3が滲み出ていて楽しかったです。ステキだよホントに。
 何度も読んで噛み締めたい一冊なのです。うっとり。
 今見たら発売8月、だって…。遅すぎだよ私…。

*1:元ヘリ会社勤務なのでヘリ好きです

*2:それが悪いわけではありません

*3:御本人がお好きなんです。http://www5d.biglobe.ne.jp/~calico/04-@spangle/@spangle-top00.htm参照