ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

「髑髏城の七人 Season鳥」8/23夜@IHIシアターアラウンド東京

 これが終わったら残り10公演となる平日ソワレ行ってきました。残り10って!

 あのシーンもそのセリフもあと10回しかやらないのか……って、場面が終わるごとに思ってしまう胸苦しさも少しだけありつつ、それでもふとそれが頭をよぎる瞬間以外は、どっぷりあの世界に没入して、最高であっという間の3時間半でした。

 天魔王さまはこの期に及んで(?)、なお手を緩める気はないようで(笑)。常にアップデートを目指し現状に満足することのない天魔王さま素晴らしいです…生駒お付き合い本当にありがとうね特別ボーナス支給してもらってね…。

 いつものを。

 

 

  • 前方下手の本当に端っこでした。実質最前になるくらい端っこ。これはこれで面白い、新しい視点で観られた! 首が痛かった! 見えるものと見えないものはあったけど、見えるものはとても面白かったです。
  • 妙声さんもうちょっとだから声何とかもって…!!
  • 今日も乙女だった妙声さん。「心は常に髑髏党!」「いやん」「朝昼晩と髑髏党!」「ずきゅん」
  • 手から離れないおにぎり花火玉を投げようとする妙声さん。「にゃー!! …ぼむぶ!! にゃー!! …ぼむぶ!!」
  • 捨之介の最初の殺陣をほぼ真横から見る感じだったんだけど、斬る相手とけっこう距離があったりするの面白いよね。最後のひとりは1mくらい奥にいる。スクリーン挟むしそりゃそうだけど。
  • おるつがプロレススタートする時に、おりえさんが「怒った!」みたいに両手の人差し指を角にしてたの可愛かった。
  • おるつにコブラツイストかけられて柱におでここすり付けて「こわーい…こわーい…」って云ってる兵庫可愛い。
  • よっぱらんべぇさん、今日もちゃんと立てています。よかった(笑)。
  • 「粋じゃねーよなぁ」軽いぞ…ちゃらんべぇさん寄りだぞ…声のトーンも高めで明るいぞ…月曜日のドスききまくり蘭兵衛さんとは別人だ…。
  • 太夫を行かせてから溜息ひとつ。
  • 沙霧に対してもなんというか、朗らか気味というか。詰問じゃないし脅迫じゃない(笑)。
  • ガビシャンなってドゥーシ様登場。「我がドゥーシでぃす…」「どうし?」って訊き返す蘭兵衛さんのどうし?の発音がとても明瞭になっていてドゥーシを云い直してくれているようでした。
  • 蘭兵衛さんの「あーあ…」がとってもがっかり感出ていて笑ってしまうの。
  • 捨之介に向けた「ぶあっと!!」すごい浴びせてる。掛かってる。
  • おてては両手でちょっと探って右手を突いて、左手で腕から頭まで辿って髪をもしもし触って、戻っておててさすさすしてもらってから繋いで、起き上がってぷらんぷらん。
  • 起き上がってから顔にかかった髪を(かかってなくても)避けるの好き。
  • 後姿で笑ってぱちぱち手を叩く。喜んでるのか讃えてるのか。
  • ファサ…も真横に近い角度から見るので蘭兵衛さん越し天魔王さまって感じで…お顔たくさん見られるなぁ。
  • で、バックハグ解かれてお口痛そうな蘭兵衛さん。
  • やっぱりあの、イルカジャンプみたいな直立ぴょーんっておかしいですよね。ひねり入ってるし。可愛い。
  • すぉれとぅおーむおー、しぬくぁーー。くぁーー、で思いっきり下げる。ひどいな(笑)。
  • ひどいけど今日も美人さんでした。1幕おつかれさまでした。
  • ほんとそう考えると1幕と2幕の重量差が激しくてなぁ。1幕たーのしー!!って大笑いして黄泉の笛かっくいーー!!って終わるのに、2幕いったい何度気合入れなおして観なくちゃならないのかっていうね…。
  • 妙声さん乙女シリーズ。「敵を欺くにはまず味方から!」「きゅん」低いきゅんだった。
  • 角丸さんの柔らかくて弾力性のある脂身中に渡京が一緒にやってるんだけど、今日見てたら渡京の隣の鉄機兵さんも一緒にやってて、すごいシンクロしてた(笑)。あの鉄機兵さん誰だろう(笑)。
  • やっぱり今日の蘭兵衛さんやわらかーい。声のトーンが高めで、笑顔も多いしご機嫌さんです。
  • 「髑髏党2万人相手にどう戦う?」の云い方も、案じてる感じで優しい…。
  • 「無茶ですよ」も当社比で優しい……。
  • そして少吉さんが来てからずっとお袖で煽いでる。ずっとパタパタしてる。女子衆と話しながらパタパタしてる。可愛い。
  • 太夫が振り向いて何か云っても、おりえと身をかがめて話しても、おしりさわったひとだってみんなに云われても、ずっとぱたぱた。
  • 次来たら撃っちゃえよみたいにニコニコしながら云いつつぱたぱた。
  • 少吉さんはまた兵庫の手の甲をちゅっちゅして「おっとうの味だ~!」とか云って兵庫に「きもちわりーなキミ!」って逃げられる。
  • お尻が痛い中も袖で口元を隠したまま固まってる蘭兵衛さん。
  • 女子衆にあの人お尻さわったってもみもみの手ぶりで云われて、もみもみ一緒にする蘭兵衛さん。今日の下手は和気藹々としている。
  • 見ず知らずの若者に瑞々しい水を、って少吉さんが運ばれていく時までぱたぱたしていた。
  • 「くんろ…くんろ…くんろびかり?くんろびかり?」「なに?」「くんろびかりした…石炭を…取りに行ってきます…」(ジェスチャーでいらないってする太夫)「あっいらない…ですか? 熊の形に彫りますんで…」(いらないってする太夫)「わ、わーー!!!」
  • とにかく当たりがやわらかい蘭兵衛さん、「お前を、信じろというのか」もソフトなんだけど、ソフトに完全拒絶って感じで…それはそれで大変そうだな…。
  • 本日の贋鉄斎コーナー。下手過ぎてカタナトゲールが見えない(笑)。
  • 蘇生3回目、「しんじゃー!! だめだー!!」って叩く力いっぱい叩く捨之介、大丈夫だー!って起きる贋鉄斎の脇腹に入れてしまう。叩くのをやめてから効果音だけ1回鳴って、二人してキッ!と音響ブースをにらむ(笑)。贋鉄斎「一個多いよ!!」
  • 「脇腹はやめてくんない!? 心臓にしてくんない!?」「ちゃんと生き返りますから、叩かなくていいんだよ脇腹は!!」
  • 寸止め、今日は止まれた捨之介(笑)。「必死だよ俺は! 必死に生き返っている!! 腹筋が痛い!!」
  • 複雑な形に曲がった玄翁に気づく「おい、それちょっと曲がってないか? 俺の商売道具なんだよーもー! 玄翁がバナナみたいになってるじゃねーか! 謝れ!」
  • 鼻の下に手を当てて小声で「…ごめんなさい」とささやく捨之介、「なんだよそれ! マイケルかよ!!」首を横に振る捨之介。それはマイケルじゃなくて中森明菜ですよねわかる…。
  • 逆回転蘇生「今、今起こしてあげるから! …これはヤバです! これはヤバです! おーヤバです!!」床叩き続ける捨之介、「おい! やめろ! なんだよそのヤバですヤバですって芝居は!?」カーッ!て効果音鳴って「カーッじゃねーよ!!」
  • 「それはどういう芝居だよ。どこの地方の芝居ですか?!」「…いや、湧いてきたので」
  • 「…ちょっとそれ?! クイックルワイパーみたいになってるぞ!」ぐねぐねになった玄翁で床掃除の可愛いポーズをする捨之介「やめろ! ったく、ここ暗いからって、お前がそんなヤバですとか自由な芝居していい場所じゃないんだよ! ここはシモキタじゃねー!!」
  • 水蒸気!「限られた空間の中での完璧なお芝居、勉強になります」
  • 100人斬れる刀を打てるか、って云われてる間、正座してピアノ、というかBGMに鳴っているチェンバロを弾く真似する贋鉄斎。それ見て笑っちゃって下を向く捨之介。
  • 「良か考えが、う、うえー、うええええええーーーーー(何かサイレンっぽい)、って浮かんできたと!」「……甲子園?」「花咲徳栄たい!!」
  • ぺろぺろ贋鉄斎に地図渡す時、受け取らずに敬礼する贋鉄斎にとって付けたように「うん、優勝おめでと!!!」って云って地図を押し付ける捨之介。
  • 最後のだいじょぶかーー!!でも身を起こして敬礼する贋鉄斎が見えた。
  • 太夫のお歌中のじゃんけんダンスソロは女の子にタッチして阿波踊りだった。
  • 黄泉の笛。浮かせてキャッチ、ふわっと浮いてた。
  • …別角度から見る黄泉の笛もまた…面白い。笛の持ち替えは見えなかったけど、上手に投げ入れた槍の軌跡とか、分割した笛2本をふたりにずぶぶっとする最後を斜め横から見たりとか、新鮮でした。基本は口開いてぽかーんとしてる間に終わってるんだけど。
  • 2幕。開幕美人は角度が付くとまた鼻筋の美しさが際立って良いですね~。目の下の赤がワイン寄り?の色でまた美人。
  • いつもよりたっぷりめに間を取って、朗々と「いいや……秀吉の!」まで。なんか、たっぷりしてるなーと思った。
  • そして本日の(ある意味)ハイライト! 天魔ラップがまた新たなる進化を遂げた…!!
  • 生駒!と呼びかけて。あい、いいか。ここまではいつも通り。
  • だけど、いつもならヘイ!から始まる第一声が、「いよ~~っっ!」って…お能か歌舞伎みたいな、イが高めでヨの入りに一度下げてロングトーンで上げていくやつ…だった(笑)。
  • で、生駒が可愛い方の声で「ここがどくろじょーここがおだわらじょー!」…はいつも通りなんだけおど、生駒のオダワラジョージョーかぶせるようにして天魔王さまが低めの声で「ここがドクロジョーここがオダワラジョー!」って…コーラス? レスポンス? 何? してた…。
  • で、生駒が「サルが陣を開くとすればここ」って云う間に天魔王さまが「ハッ!」って合いの手いれていた…「サルが(ハッ!)陣を(ハッ!)開くと(ハッ!)すればここ!(ハッハッハッ!)」
  • イシガキヤマダー!!は唱和して、階段をかけのぼり元気なハイタッチ! なんだよそれびっくりしたよ!! その後何も頭に入ってこなかったよ!!
  • 生駒毎回お付き合いありがとうね…。あとこれだって打ち合わせしないとできないんだからカナコさんもありがとうございます…もうちょっとお付き合い下さいあと10回…。
  • ジペーング!は一回ぴくっと扇子を反応させつつ次でビシッと。回転待機中のお顔も見えました。真剣な顔でタイミングを計っていらした。
  • ワクワクさんがすさまじかったんですが…あんなワクワク初めて見た…無言で首ぐりーんってしてから、内から外へ湧き上がるワクワク感を全身で表現しつつ、ああもう、ああもう、わくわく、わくわくするな、なあ、なあらんまるううう、って…ええと、気持ち悪かったです最高。
  • 「あ、そっか。…えっ? じゃ、何の話だ?」そんな話をしに来たのではないって云われたのが意外だったっぽい感じになった。
  • お酒一口。呑み込んで、ぷるぷるっとして、軽く一回ふらっとしてから後ろにぐねんと。
  • 玉座に座ってからの「私とお前の仲だ、嘘はよそう」の辺りの云い方が、より砕けたというか、フランクというか、遠慮がないというか、だらだらしながらというか(笑)、になっている。前に比べて。お酒回ってるし。
  • 「何の為に? 私を殺す為に」はさらっと。さらっと始まられてしまった口説き…。
  • 何かねー新鮮ですねーわりと斜め~横顔で観る口説き! どの瞬間も美人なのは変わりないけど、大好きな着込むのお顔とか、蘭兵衛という鎧を、のお顔とか、斜めもいいね…3Dモデリングにしてぐるぐる回して見たいね…。
  • 着込むのお顔は、斜め横から見ると、白目の美しさがより際立つ感じでした。とてもびじんよ…。
  • 天下人などと思い上がった秀吉への怒りを、の天下人の時も人差し指が立っていた。何か好きなんだよなー指立ってるの。表情豊かで雄弁なおてて好き…。
  • 横顔天国を満喫しました。いいなこれ…いろんな角度で観たいな口説きの天魔王さま…やっぱり一時停止でぐるぐる回せるようなものがほしい…3D映像…。
  • 天魔の御霊として大魔神、仮面の中がずっと見えてたんだけど、まぁ素晴らしい塩梅に仮面の影がお顔に落ちてね…瞬間が隠されるのね…。
  • 今まさに天下を掴まんとしたその手、が良い。あと手のひらにベルトが通ってるの何か良い。フェチっぽくて良い。捨之介の中指のループとかも好きです。
  • 天の意思は誰が成すのだ?は両手5本指パーから両手人差し指、でくるりと一回し。はぁ~好き~。
  • この胸を貫け、は人差し指中指辺りの指の腹と背で往復ねっとり。
  • 殿が叫んでいる、の2回転ターンのトゥとか。 死して尚も、の後ろ反りとかー。
  • 角度的に殿の面に負けちゃう蘭兵衛さんのお顔がよく見えたりしました。天魔王の手には靡かないのに殿の面には逆らえないの可愛いなぁ…。
  • 夢見酒飲ませてから蘭兵衛の顔を見ない天魔王さまの、そむけたお顔をずっと見ていました。綺麗なんだ…冷たいんだ…冷め切ってるんだ…。
  • 玉座に倒れ込んだ蘭丸が盃から目に垂らしてるのも見えた見えた。お袖でうまく隠れてるんだなー。
  • 沙霧に向かって云う「ぶぁーっと!」が低くてかっこよかった。
  • 下手に移動して扇子パタパタしている姿がもうねぇたおやか。美しい。エレガント。フロントよりバックの方が切り替え位置が高いのすごく良いよね…。ビアズリーの絵みたいなシルエットになるよね…。
  • 夢見酒の盃は3回嗅いで、御伽衆の子に「これいる?」って差し出していいですってされてもう2回嗅いで生駒に返す。
  • 可愛がりは何か、ポージングを細かく調整していた…両手を肩と同じ高さで前に伸ばさせて、足も変え始めたところでタイムアップ。何にしたかったんだろうか。
  • 「それがヤツの正体! なんですぅ~」なんですぅ~の声がミヨミヨしてて珍妙です。
  • 「捨之介なんだよおお~」変な泣き真似みたいに云う。
  • 「この髑髏党を滅ぼしたいと思っている」が「この髑髏城をほろ、滅ぼしたいと思っている」になっちゃってちょっと惜しかった。
  • 玉座でBGMを歌う天魔王さま。大きなお口開けて気持ちよさそうに歌ってらした。髑髏城のお風呂(たぶん金ピカで髑髏の口からお湯が出てる)でいっぱい歌うといいよ。
  • 蘭丸は刀に凭れていて寝そべらなかった。けっこう大量に顔に流れていたなぁ。
  • 「捕えなさい」からの軸くるんくるんは斜めからより真正面の方が、なんというか軸感がわかりやすく感じられるというか、軸甲斐があるなぁと思いました。
  • でも「どうした」って生駒の方向いた時のお顔がいっぱい見えたからいい~!
  • 狂乱の2幕1場が終わるのであった……。
  • 捨之介を斬ってしまった沙霧の動揺が大きくなった気がする。「黙って斬られるつもりか!?」のところ…感情の揺れ幅が大きくなってる感じ。怯え混じりで。
  • 階段での渡京と沙霧とかも、正面とまではいかないけどお顔がこっちを向いてる感じに観られて、ほんと印象が変わるなぁ。
  • 階段上の天魔王さまは真上って感じだった…ようよう、わっつあわっつあ。わっつあっぶろーーー。
  • 見てるよサインから、生駒の髪を指の背で撫で上げてから、傾き具合を確認しつつまっすぐにする。
  • セリフを取られてしょっぱいお顔する天魔王さま。角丸のセリフはスルーして、扇子をいじってた。
  • 蘭丸の、早駆けで先に行ってしまわれた、とか、今度こそ俺は天と共に生きる、とかはどうでもよさそーうなお顔でぱたぱたしていた。つまんなーいってお顔。
  • 蘭丸の左目の下の赤は全体的に太めにたっぷり入っていた。あんまり涙っぽく見えなかったけど、下手側あんまり左側のお顔見えないんだ…。
  • 「そんなことより先にすべきことがある」を一息で云う蘭丸、「えっ? なにを?」ここで挟む天魔王。最近、一息で云われて「そんなことより…!?」がないなーと思っていたら違う展開になっていた。
  • 秀吉より先に潰すべき男がいる、って云われて「??」ってなる天魔王さま。「えっ………えっ……? あっ、おお! なるほど! …おもしろい…」だいぶわからなかったご様子。
  • 友達が、荒野で贋鉄斎が現れる時の雷が鳴ると沙霧がおへそ隠すって云っていて、ちょうど近かったし見ていたら、雷なるとおへそ両手でガードしてるし、帯ベルトぺろっとめくっておへそあるか確かめてるし(ベルトの下じゃ見えないけど!)、何かとってもかわいかった…可愛い…。
  • 贋鉄斎のくだりを生暖かい笑顔で見守る渡京。
  • 鉄機兵に囲まれる贋鉄斎「蒸すねぇ今日は、久しぶりですね熱帯夜! 35℃だって! ところで今日は8月23日、ぱんつさんの日です。昭和30年代頃でしょうか、浅草の辺りで…」何の話に繋がったのか先が気になるぱんつさんの日でした。
  • 無双だー! しかし最初の蘭丸まったく見えない!! 斬撃の音しかしない!! しかたない!!
  • なるほどですねなるほどですねがちゃんと見えればいいんだ。良く見えた。びゅーてぃほぅるだった。
  • 前方端からオペラで観てるとお顔がすっごいのよ…よっく見える上にそこそこ近いからアップで、しかも天魔王さまは下手向いて荒武者隊に斬りかかることが多いから、めっちゃお顔見える。ものすごい凶悪で狂気ばしってて怖いんだけど最高にかっこいいお顔で迫ってくるのね…でニヤーリって顔して追いつめて、ぶわっと向きを変える時に白目になったりして、すごかった。あんなのに迫られたら怖いに決まってる…でも最高にかっこよかったんだ…良いものを見た…。
  • おりえが…おりえが目の前で…あああ…。
  • 顔芸口パクはぎりぎり見えるかな、くらい。何か、やりながらひょこひょこ体を動かしていて、小馬鹿にしてる感極まりない。
  • からの、片腹痛い、今日も最高でした。
  • 刀の血脂を柱になすりつける蘭丸。
  • 今日は目の前だったのでちゃんと観ました。死んだ女子衆の髪を撫で、目を閉じさせてうなだれる蘭丸…いや蘭兵衛さんなのか…すっごいよねここの、揺れ幅というか…蘭兵衛の意識ありながらやるのきつそうだなぁ…いっそ夢見酒に酔い切った状態の方が楽だったろうになぁ…。
  • 意識だけ蘭兵衛さんが残ってて、でも身体と言葉は蘭丸が支配していて、口を開くと出るのは蘭丸の言葉だけど、意識としては蘭兵衛がちゃんとあるんだろうな。っていうのがとても伝わってきて…どうしてこうなった…。
  • ちょっと遠かったけどがんばって観てた上手の天魔王さま、女子衆の黄色い子をつんつんしてた? 2人目も胸とかかな。3人目は荒武者隊の股間をつんつんして、座ってから女子のお尻をつんつん。兵庫に呼ばれて「よんだ?」みたいに顔を上げるけどつんつんはやめない。
  • あの、「なにか?」っぽく顔上げるのすごい好き(笑)。
  • 下手にいると双子がふたりともこっちにお顔向けてくれて、きゃーかわいいー!!ってなってしまった。いつも左右に展開されて観ている双子が、縦に並んでるのも新鮮な景色だった…。
  • 家康殿がまぁ目の前で。一応観たけど、すみません遠くの上手を観たいんです…。
  • カクンも可愛い。
  • 「あれ? がんてっちゃん?」も可愛い。それもお顔こっち向きだった。
  • 沙霧に向かって「ふううーん。では面白いことを教えてあげましょう」って(笑)。ふううーん、ってすっごいはっきり云ってた、あれは確かにふーんだった(笑)。
  • ワン! ワンワンワワン!は中型犬くらいの感じだったよ。チワワじゃなかったよ。
  • いや~無双良かった…観たことない角度からの無双新しかったし初めて観るお顔がいろいろあった…面白いなぁ。あの白目なんだったんだろう鮮烈だった…。
  • 兵庫が赤錆だらけの刀抜いてくっさー!!とかやってる間、ずっと木の方向いて座ってる太夫。女子たちの遺髪に両手を合わせて、それを丁寧に包み直して帯に挟んでじっと座ってた。贋鉄斎が斬鎧剣を取り出すところで初めて振り向く。
  • 「あたしが赤針斎だ!!」今日もとても良かったです…ちょっと泣きそうな顔になるのほんと…良い…好き…。
  • そしてみんなを追いかける少吉さんですっかり泣けるようになってしまった。
  • 磁石鉄板でがんばった贋鉄斎、「ちょっと喉がやばいんで水飲んできていいですか?」って。わーん喉! もうちょっとだからがんばって!
  • 偽物の鎧を着た捨之介が襲ってくるところで、渡京が捨之介の腕を受け止めて、空いた胴をそろばんでぎこぎここすってるの可愛い。斬れないみたい。
  • 下手より廊下を歩いてくる天魔王さま、特等席でした。出から振り向いて観るよね…追尾しちゃうよね…影すらも美しいよね…横顔のお鼻がゝってしててね…。
  • おおおおおーーーーい!!がまたとても近かった。斜めから観てるともうくっついちゃうかと思ったよ! 縦の距離感わからないから!
  • 計略なら練り直せばいい!って残念そうな作り顔で扇子ぱたぱたしてるけど、お前ひとりで逃げろと云われてそのお顔がすっ…と素に戻るの…いいなぁって。
  • 夢見酒に溺れる様がとても体幹…ってなる。あんだけふわっふわしてるのに滑るように動いてるのほんとすごい。あの服の中で身体がどう動いてるのかわからない分余計に凄いし、とにかく得体の知れない感が出るよね。
  • あの中は精巧な歯車が詰まってるんだよしってる。オートマタ天魔王さま。
  • もーったーいなーいくらいだ! 今日も伸びやかでほんと好き。
  • 「本望だろうよ…」ってお祈り捧げてから上手に、上半身を少し残すようにして足元から滑るように移動していくの…エレガントとはこういうこと…ってなる。
  • 生駒を刺して、振り返る彼女を見下ろす時に、ちょっと哀しい顔するよね…哀しいのか惜しいのか。お気に入りのおもちゃを手放さなくちゃならない感じか。
  • 刀べろーんも最高でした。ちょっと刃を斜めにするの良いなぁべろも見えるし(?)。
  • 「私が逃げたことを知るものは、少ないほうが、良い」何となく、抱き締め方が優しいような気がしました。がそうだといいな、だと思う。し、まぁぶっころしちゃってるしな…。
  • 「そんなくだらないものじゃ、なーい!!」もだけど、むしろ「私は、殿の本当の意志を継ぐ!!」が一番、重いかもしれない。「本当の」が一番いろいろ篭ってるかもしれない。
  • やっぱり、もし本能寺で信長公が、天魔王にも「織田も天下も忘れて好きに生きろ」って伝えても、そんなのは殿じゃない!って斬り捨てて髑髏党結成したんじゃないかと思います…愛されたかどうかの話じゃないんじゃないかなぁと…。
  • 「お前は私の駒だ…!」に続けてフハハハって笑うの最高…それでこそ天魔王さま…。
  • 蘭丸が天魔王にとどめを刺せず刀を止める時、の、天魔王さまがどんな顔をしてそれを受け止めているのかずっと観てみたいと思っていたのですが、今日ぎりっぎりの感じで、左の目尻くらいまでだけど、うすーく観えて…無表情っぽかったです。で、首に刃を当てられながら、途中でふ、と力を抜いた。こいつには斬れない、ってわかってる感じがした。
  • 「所詮貴様も、天は掴めぬ…」とても冷たく云い放った。
  • 天魔王を庇った蘭丸に「貴様っ!!」って云うの、めちゃくちゃ怒ってた。天魔王さまがストレートに自分の感情をあらわにするのって多分、この瞬間だけじゃないかな…?
  • 倒れた蘭丸を横目できろりと見遣って、ふい、と顔を背けてにやぁと嗤いながら「…憐れなやつだ」、ここ戯曲では「愚かなやつだ」なんですよね。「愚か」じゃなくて「憐れ」なの。
  • 何となくニュアンスの違いは感じられるんだけど、上手く日本語で説明できないな…。愚か、は馬鹿にして見下す、憐れ、は一段高い場所から可哀想がりつつ突き放す、感じ…。可哀想がるけど同情はしていない、自分は違うけど、感がある気がする…。
  • その、突き放す感が、蘭丸に対する天魔王の心情によく合っている気がする。
  • 振り返ることなく去る天魔王さま。
  • 行かせん!って立ち上がるけどもう立ててない蘭丸。階段にぶら下がるようにして体を支えてるけど、腕ももう力入らないよね…。
  • 倒れ込んで「所詮…外道だ…!!」、起き上がろうとしてもなかなか起き上がれないし、「来い、太夫!!」って無理やりにでも立ち上がろうとするけど左足が最後まで立ててなかった…膝突いてた…。
  • そんな力もう残ってなかったのにね。撃たれる前に死んでたんじゃないかって思ってしまう。
  • 贋鉄斎の「針を抜いてもらおうか」に被せて「今はそんな暇はねぇ!!」って階段の手すりに突っ伏す捨之介。毎回ここ笑いが起きるんだけど、捨之介の様子全然笑えないんだけどわたし…めっちゃ必死な顔してるよ…?
  • 100人斬り前にそそくさと涙を拭く。
  • 捨之介かっこいい~。もちろんがんてっちゃんもかっこいい~!!
  • 渡京が斬鎧剣抱えた沙霧を行ってこい!って背中押してサムズアップするの、泣けてしまう…みんなかっこいい…。
  • キャッチオール成功。
  • 天一騎打ち、冒頭の天魔王さまのマイクが入ってなかった…生声聞こえたけど…。いきなりでびっくりした~。
  • 仕込み刀を摘んだ天魔王さまの良い笑顔が正面から拝めた! ニシャーって!! とびきりの良い笑顔!!(?)
  • あーいどーした捨之介!!がすごい声で(笑)。
  • ビンタ2発+顔面拳骨だった。腹フックはその後だった。
  • 踏み付けた足を貫く仕込み刀。「おおおおーー…ばかな、この鎧がそんな刀に…!!」短くおおおお、って云ってから、ばかな!だった…とても痛そうだった…やっぱり強くてあんまり実戦出てなさそうだからあんまり斬られ慣れて(?)ないんだよ天魔王さま…。
  • 白目剥いて大量流血。真ん中をどばーっと綺麗に流れていった。すごい吹き上げた。
  • 「だったらその仲間とやらも」げろっげろしながら云っててとても…良かった…。
  • 「天魔王として、死ぬが良い…」は綺麗に云う。吹き上げた時に浴びたのか、顔が霧吹きで赤を吹きつけたようになっていて壮絶に美しかった…。
  • 良い笑顔で落ちていくのも綺麗です。真っ赤に染まった歯列が美しい。*1
  • 捨之介、みんなで生きて! 抜け出して! って、生きてを強く云ってくれるの良いね…。
  • 塩素の香りを吸うのもこれが最後だなぁ。みんなかっこいいしスローモー泣けるしシルエット最高だしほんとこのお芝居最高だ…!!
  • 2幕常にクライマックスが波状攻撃でつらい。何度山を越えても次の山が来るのつらい。シルエットまで乗り越えたのにまだ次の山が来ちゃうの怖い…。
  • 捨之介の名乗りでまた一山来る。ほんと痺れるよ…個人的に腿裏を斬られるのが…痛そうでとても良いです…。
  • 「家康さんよぉ、この首あんたに差し出したら~」とか、「だったら、好きにしな…」とか、この辺の捨之介の声が…震えてて…そういうの弱いんです泣きます泣いてます泣きました。
  • これが最後の一山と思いきや…最後の最後に兵庫と太夫が目の前で…太夫はただただ綺麗だし、間近で観る兵庫のちっちゃくてキラッキラした目が何かもう…何かもう…感無量だよ…ハゲ親父でも余裕で泣けるから…。
  • でも兵庫が少吉さんを「息子です(笑)」って紹介して、「少吉です!」って畏まる少吉さんを「大きめ!」って云ってたの可愛かった(笑)。
  • 太夫が女子衆の遺髪を手に「一緒に生きるよ、この子たちの分までね!」って云うのを見て沙霧の顔がちょっと曇るというか、つらくなるんだけど、太夫が「沙霧! あんたも元気で!」って手を振ると、ちょっと泣きそうな顔をくしゃっと笑顔にして「うん!」って手を振り返すの…可愛くて哀しくて可愛くて大好き。
  • エンディング。天魔王様、最後にスクリーンに隠れ際、笑みが深まる。中指上げながらニシャー!って笑ってたよーー。
  • カテコ。最初はふにゃんというかカクカクンとしたお辞儀、上手はわからないけど下手は手ぷらんのお辞儀。高く拍手して片手バイバイしてハケ。
  • 2回目は正面から、ちょっと遅れて出てきて定位置に走る。蘭兵衛さんと沙霧がにこにこ話しながら出てきた。一歩下がってお辞儀、両手バイバイ。
  • 3回目でスタオベ、無界屋から出てきてニコニコしてた。お辞儀して、四天王とハイタッチ(妙声さんにスカされてた??)して、最後に片手振りながらハケる。
  • センターには阿部さんが葉月ちゃんに行ってこーいってされて一人お辞儀、何かライブで客を煽るみたいに手をくるくるしたり、ちょっとしゃがんで口に手を添えてフウゥゥ!!みたいにしたり。門でお辞儀、ハケ際にもっかいフウゥゥ!!ってしておしまいでした。

 ほぼ最下手実質最前、という特殊な視界でしたが、見たことないものがいろいろ見られた面白い回でした。いつも横顔とか後ろ頭とかを眺めている場面で、お顔がちゃんと見えると、また印象が変わるなぁ。真裏から一度見てみたい、なんて思ってしまった(笑)*2

 天魔ラップは衝撃的でとてもびっくりしたけど、本筋ではがっつり泣かされるし、観ている間にいろんな感情の最高値にいちいち針が振り切ってしまってとても疲れるけど楽しい…蘭丸が斬れない時の天魔王さま、すごいゲキシネカメラ位置で何とか見せてもらえないかな…あの席で無理なら客席からはもう無理だもの…。

 そしてあと10公演です。10カウントスタートです。本当に終わるんだ…10しかないんだ…しかも10行けるわけでは全くない…つらい…。残り少ないですが、どうかあと少し、全員揃って無事に千秋楽を迎えられますように!!!

*1:というか未來さん歯が綺麗になってませんかちょっと前から…??

*2:あのステージで裏から観ようとしたらすごい回らなくちゃになってしまう