読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

「なむはむだはむ」@東京芸術劇場シアターウエスト(3/5昼)

 お子さま年齢制限なし回、初体験でした! すごかったー(笑)。指定席だったのでゆっくり行ったのですが、もう舞台上がお子さまで溢れんばかりになっていた…楽しそうに登って滑っていた…こんなに楽しく使われる舞台セットもなかなかないだろうな…。でも、舞台上で活発に遊ぶ子もいれば、客席でパンフをじっと見てる子もいて、いろいろよね。わたしは静かに座っている方の子どもだったので、何となくそっちにシンパシーを感じます(笑)。

 75分間ほぼ途切れることなく子どもの声や笑い声や鳴き声や喋り声が響いていて、すごいね子どもってパワフルよね…赤ちゃんギャン泣きしちゃってたね…いいのよ別にそれもかまわない回だもの。いろんな音に満ちあふれた会場で、負けるな岩井さん!という場面もあったり、でも基本的にいつも通りの舞台上ではありました。さすがに赤ちゃんは仕方ないけど、少し大きい子どもさんたちはなかなか、けっこうちゃんと観ていた…ような印象でした。が親御さんの苦労はまた違うのだろうな…でも面白かった!

 セトリとメモは下に。

 

 本日のセトリ。わりとスタンダードタイプ。

f:id:xxkyrixx:20170305142323j:plain

 

 

  • 岩井さんが最初から舞台上にいらして、子どもたちまみれになっておられた(笑)。
  • 開演前の諸注意、今日の状態だと携帯鳴っても別に…って感じだけど、一応観劇マナーなので、って。その通りですね(笑)。
  • そのままワークショップ形式でスタート。子どもたちいっぱい手を挙げて拾いきれないくらいだった! すごいなぁ。
  • 総理大臣が道ばたで外国人と歩いていたら外国人がアナコンダに咬まれて病院に行って治療してもらったら外国人がアナコンダになっていてそれをもう一回病院に連れて行ったら病院がいつの間にか観覧車になっていて、観覧車に乗っていたら総理大臣が鼻血出して出血多量で病院に行ったら死なないで、腕を骨折して悪い奴らに切断されて、看病してくれた看護師さんと恋に落ちて、看護師さんに殺される、で岩井さん死ぬ。
  • 穴から未來さん出てきて、ちょっと頭がついていけてないんだけど、とこれまでの流れをおさらいして(笑)、看護師さんに殺されない!と。看護師さんと外に得て歌を歌うと歌に呪われて死ぬ。
  • 前野さん、下手奥から歩いて出てきて、「歌で呪われちゃったら俺の仕事ないよ!」って(笑)。呪われないで楽しく歩いていたら車に跳ねられて死ぬ。
  • 衣装は岩井さんがグレーのトップスに赤い襟、紺のパンツにベルト。未來さんは青緑色のシャツに黄色い蝶ネクタイにジレ、黒に赤ラインのジャージパンツ。前野さんは茶色いV切り替えシャツにサスペンダーに青ズボン。
  • 車に跳ねられないような森に行くと観覧車が転がってきてつぶされなくて、落とし穴に落ちて死ななくて、あと持病とかスナイパーとか爆弾とかひっそり(?)とか。3人とも死ぬ。
  • 死体がびくんびくんしながら、未來さんと岩井さん穴に落ちていく。前野さんだけになって「けしゴムとクレヨンのさいご」、レブット役は前野さん。読み上げは影ナレで未來さん。
  • 鉛筆を削ると窓から未來さんずるーんと落ちてきてイテイテテテテって。書くとまたイテテテテ減る減る!!って。
  • 消しゴムで消すと岩井さんずるーんと出てきて先に転がっていた未來さんのお尻の上に転がる。尻枕だ。
  • 前野さんが謎の側転を見せつけていた…何だったんだろう(笑)。
  • クレヨンも痛い痛い減る減る!!って云いながら頭から穴につっこむ未來さんと前野さん。穴から足4本突き出てる状態、から軽快なビートが鳴り始めて踊り出す前野さん。可愛いんだけど若干イラッとするタイプ(笑)。
  • 車を運転する前野さん、窓がパワーウィンドウになってた! ボタン押せば開いた!! そうかぐるぐる回すのは子どもには何のことかわからないやつだ!!
  • 音が終わって穴に沈む足を観て子どもが「あしがー」って云ってた。うん。
  • 前野さんを残して「むかしむかしおじいさんがいませんでした」、1回でさらっと終わった。すごい出オチ感、嫌いじゃない(笑)。
  • 「おわり」に子どもがはやーい、って云ってた。
  • 続けて「老人とハムスター」大きな桃は岩井さんから。
  • ハムスターに襲われる老人、前野さんにお尻をかじられる未來さん。
  • ハムうんめー!で自分の腿を食べる未來さん。美味しそうですよね。
  • 面白いのを見て3人とも死ぬ。びくんびくんと動き出す死体たち。それぞれに、ガイコツっぽい動きをし始める。前野さんが例の…THE・ガイコツな動きをしていた(笑)。仕方ないよねーそれになるよねー!!
  • 前野さんと岩井さんが穴から消えて、未來さんだけめっちゃ動いている。
  • 両手で顔を覆って、肘とか膝でカクカクしゃべるガイコツ。
  • 前野さんまた爽やかな風が吹き抜ける歌だった。シチリアとかの。適当だけど。
  • 八百屋に行って一度穴に入るガイコツ未來さん、足だけ穴から出ていたり。で穴から出てくるとジレがなくなっていた。
  • 八百屋のひゃくえんひゃくえん!の辺りでまたお買い物奥さんになる未來さん。からの心臓が欲しい。
  • ポーキーは前野さんが高く鳴く。ちょうえつ100万年、は箱みたいな小さな空間に閉じこめられる感じ。
  • ポッキーでした、で前野さんが「ポッキー!」って鳴いてた(笑)。
  • 笑顔と激痛では駆け上って滑り落ちる。最高到達点がさすがの高さでねぇ!
  • もうなにも怖くない、の後に岩井さんが、「ここはどこー、あちこちからいろんな泣き声が聞こえてくるー」とか歌っていた。うん、ギャン泣きしてたね!
  • 骨カスになるガイコツ未來さんが、片膝突いて片手を斜めに上げてなんだかとても綺麗な形になっていた。
  • おかえりの歌は立って踊っていた、立ち姿もまた美しいんだな…。
  • …なんかこの辺、視覚情報でいっぱいにして聴覚情報をシャットダウンする感じになっていたような記憶しかない(笑)。
  • サメに食われる時の「ぼぉんっ!!」って未來さんも云ってたような(笑)。
  • 3人とも穴に消えて、「クローバーストーリー」。前野さんは穴からボトムレスマイクスタンドを片手に出てきた。
  • 1回目は可愛らしく読み上げて、2回目からベロンベロンで歌う前野さん。なんかすごく煽って暴れていたけど子どもが怯えませんか(笑)。
  • クローバー中に上からロープが降りてくる。
  • 岩井さん、最後の方で「あやねーー!! かりんーー!! なかよくなりましたーー!!」と叫ぶ。
  • 拍手起きて前野さんが「拍手いらない!!」って云ってるところに子どもの声が「かっこいー」って(笑)。かっこいいとかいらない!って云ってたけどうれしそうに見えたよ。
  • 未來さんと岩井さんがロープを見上げ、前野さんがそのふたりに三つ葉? 四つ葉? バンド?って絡んでるところにこどもの声が「もうやだーー」と響く。未來さんが「もうやだ?」って前野さんに云ってた(笑)。
  • 下に降りてるのかな、こっちが上に上がってるのかも、とふつうの雑談っぽい感じから、、少し改めて「下へ参りま~す」とエレベーターガール風に。
  • 下と見せかけて上へ参っておりま~す、とか。岩井さんその穴に沈む。
  • 前野さんが来て「4階お願いします」と未來さんに云うと、未來さん「4階…は何売り場がよろしいですか?」
  • 植物売場…クローバー…とか云ってる前野さんに、「雑草売場でございますね(笑)」
  • 前野さんも穴の中へ。別の穴から岩井さんがロープの先っぽを持って出てくるとそっちに行って未來さん、「抜いても抜いても出てくるなぁ~」って。踏めば踏むほど強くなるしなぁ、とか。雑草のようです。
  • からの「あかんって」シリーズ(笑)。「出てきたらあかんって! 雑草売場になんか来たらあかんていうてるやん!」
  • に岩井さん、「だって制服姿が見たいんだよ」「気持ちはわかるけど…(笑)」どんな制服なのかなエレガかな!
  • あかん誰かに見られたらあかん、とか云いながらぐるぐる巻かれる。そこに前野さんが「あんた、この人だれ!?」とか入ってくる。秀人さんの本妻来たー!
  • ちょっとこの人具合悪そうだから、ってごまかす岩井さん。包帯ぐるぐる巻きみたいなことにされる未來さん。
  • からの「きこえてない」、ぐるぐる手当され続ける未來さん、前野さんが読み上げる。ロープが出てきている穴に前野さんと岩井さんが入って、ロープを手探りで引く未來さん。「きょうりゅうのえいがかん」。
  • あの、ずっと近くでばかり観ていて気づかなかったのですが、えいがかん中にズーーン、と響く重い音、恐竜の足音なんだろうな、とは思っていたけど、今日ちょっと離れて観ていたら、未來さんの歩みに合わせて鳴っていたんですね…! やっと気づいた…曲と関係なく鳴るからランダムに鳴ってるのかと思っていた…。
  • スナップと軽いハミングから。子どもが曲のリズムにぴったり合わせて手を叩いていて可愛かったです。ちゃんと裏拍で打ってたよ!
  • エビバディセイ!からの岩井さんカモン!!で大縄跳びスタート。はいれるよぅ! はいれるよぅ!って歌いながらぶんぶん回す鬼未來さん(笑)。岩井さん、「壁に見えるよ~…」
  • どんどんスピードアップする縄、無理矢理入るけど飛べない岩井さん、3回くらいチャレンジしたけど無理でした。
  • 「入れなかった…入ってほしかった…」「壁に見えたよ…」あとおでこの辺りを丸く示して岩井さん、「ここだけ入れたよ~」
  • そして前野さん「混ぜてほしかった~」ぴょこんと跳ねてみたり。
  • でも最後はしっとり素敵に終わるのずるいよね!
  • 「長い毛」よいしょよいしょと頭からロープを外す未來さん、外してから穴からロープを手繰り出して端っこを持って張り巡らせていく。
  • 毛の冒険で「スープにぽちゃーん!」って岩井さんが読むと子どもの声が「ぽちゃーん!」って(笑)。
  • 飽きちゃったお子さんがぎゃーって叫んだりするのになかなか阻まれながら先へ進める岩井さん、負けるな!
  • 窓から岩井さん、セットの上の方に前野さんの定位置で、ギターを鳴らす前野さん。未來さんは蓋が開いて海へ流されていった。「長い毛2」、冬の日本海の歌は岩井さんが哀愁たっぷりに歌い上げる。縦のロープがぴくんぴくんと震える。
  • 歌が終わってから、ロープを掴む手が見え始める。ゆっくりと掴み、登ってくる、綺麗な手。
  • 後ろの子どもさんが「死に神みたい」ってお母さんに云ってたのが印象的。彼女にとっての死に神のイメージってああいう感じなのかな。
  • 岩井さん、「暗い海の中、いろんな声、懐かしい声が聞こえる」ってアドリブ入れていた。とても…賑やかな海の底だったね。
  • ロープに触れない、揺らさないで静かに動く未來さん。ただただ綺麗。
  • 途中で縦のロープの脇にまっすぐ立ち、しばらくそのまま佇んでいたのも素敵だった。動かないことによってもたらされる緊張感、というか。
  • 木と毛の歌が始まってから、ロープにそっと手を触れる。たぐり寄せて身を預け、泳ぐように、浮くように、漂うように。
  • ロープを伝って壁を登るように、岩井さんのいる窓の方へ近づいていく未來さん。窓の岩井さんの手を取り、導くように外へ連れ出す。
  • そっと抱擁して始まるチークダンス。ゆらゆらする影、可笑しいけど綺麗。
  • 「木」「毛!」「木と」「毛ェ!」とか「キキッ」「ケケッ」とかいろんなバリエーションで。前野さん「どうして抱き合ってんの~」
  • 未來さんがささやくようにそっと「け…」って云ってたの良かった…。
  • 前野さんが俺も混ぜてよ!って入ってくるのに岩井さんが「黙ってて!」
  • で、前野さんが「木と毛、俺はク」とか歌うけど黙殺された。完全に黙殺された(笑)。
  • でぶつっと終わるんだけど拍手が起きちゃって、未來さんと岩井さんがなんだこれ…って感じで顔見合わせているのが可笑しかった。
  • ロープをたぐり寄せる未來さん、そのロープの勢いに阻まれて上から降りてこられなくなる前野さん、に岩井さんが「降りてきて下さい!」って無茶を(笑)。
  • 紙の束とお箸みたいなくじを持ってる岩井さん。わーい日替わりだー!
  • 演目は見ないで、役割は岩井さん音、前野さんテキスト、未來さん動き、わりと順当な感じで。
  • テキストが何かを見ないうちに岩井さんのギターで未來さんが踊り始める。なんか…カマキリみたいな…蟷螂拳みたいな動きだった(笑)。それを後ろから見ている前野さんが、何となーく自分もやりたそうにうごうごしてるのも面白かった。
  • そしてテキスト読みスタート。「サンタ」ってタイトル聞いた瞬間に未來さんが吹き出した(笑)。
  • 大人のことが好きなサンタがいて、大人にプレゼントを配っていたけど、大人に「子どもにプレゼントをあげてください」と云われて1年に一度だけ子どもにプレゼントをあげることにして、それがクリスマスになった、というお話。サンタクロースの話だったけど蟷螂拳のままの未來さんだった。
  • 大人が好きなところで何となく色っぽい動きで床上にしな作る未來さん。おっどうしたアダルティだぞ。
  • 前野さん、「それでは聞いて下さい、サンタの歌」と岩井さんに振ると、未來さん動きながら「サンタの歌ってタイトル雑だな」って(笑)。
  • 岩井さん困ってギター鳴らしてたけど、途中で前野さんが「それでは聞いて下さい、大人が好きだったサンタ」とか云い直して、岩井さんが「テーマが変わった!」って。
  • すると未來さんが動きながら歌い出す。僕と君はともだちだよね、君に喜んでもらいたくて、どうして僕が君の子どもにプレゼントをあげるようになったかって、とか。前野さんも「僕もサンタのこと好きだよ~」と入ってくる。未來サンタと大人マエケンのようです。
  • なんか、表向きは友達同士だから、とか云っていたのですが、じゃあ裏向きは僕と君は友達同士じゃなかったってことですかね。
  • 途中で未來さんがくるりと前転からの動きをしたら、それを見た前野さんも前転…でんぐり返りして、未來さんすっごく耐えてたけど結局吹いていた(笑)。
  • そんなちょっと禁断の香りをかぎ取ったところで岩井さんが突然「大人は誰しも多少の見返りが欲しいのさ!」とか「ただで愛をもらえると思うなよ」とか「サンタだって赤いのを脱いだらきたないー万引き飲酒ー」とか、なんか夢も希望もない歌を熱唱しだして死ぬかと思った(笑)。
  • からのサンタ未來さん、「奥さんがいるなら~云ってくれればいいのに~」前野さん「大人になったら趣味が変わったんだ~」???
  • っていうのをずっと、未來さんと前野さんは素敵なダンスを踊りながら歌っていた。くるくるっと回したりするソシアルっぽいやつを。ええっと。
  • 「君の家族にとっては僕はただの友達~」とか歌う未來さん、に前野さんが固まってしまって、「……」「何か云えよ!!」愛の叱咤が飛んだ。
  • 前野さん、今考えてるところ~とか云ってから、仕方がないから1年に一度だけ子どもにプレゼントをあげる日それがクリスマス~、みたいなことを歌って、未來さんに「説明すればいいと思ってるやろ!!(笑)」とつっこまれていました。
  • で、ぐだぐだのままふんわりと終わる(笑)。おっかしかったーー!! 大変なことになってたー!!
  • カテコでハケる時に前野さんが、子どものお客さんをいじったり、ハイタッチしたりしていて可愛かったです。子どもさんも前野さんも。

 とても賑やかで、やたら楽しくて、舞台上からも下からもいろんな音がして、わちゃわちゃで面白い回でした。毎回これだと大変だけどたまにならいいかもね、とか、でも実際に子育てしてるおうちはこれが毎日なんだよね、とか。身近に小さな子どもさんがいない環境なので、気楽にわーすごいげんきだーとか笑っているけど、それどころじゃないんだろうなぁ。でも楽しいことも山盛りなんだろうなぁ。

 岩井さんが、今日の昼で10歳老けた、なんて呟いていらっしゃいましたが(笑)、おつかれさまでしたに尽きるよね…あの中でやり通すのってどんな感じなのか、それも全然想像つかないや。おきゃくさんはとても楽しい回でしたよ!