ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

2年

 当時の日記は読み返せないなぁ。
 神様が見ないふりしている間に、一夜の夢を胸に刻んできます。