読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

「メトロポリス」11/27昼

森山未來 舞台

 残念ながら風邪は一朝一夕で治ってくれる体質ではなく、でも高熱が出るわけでもないので、だましだまし…マチネだから大丈夫と唱えながら…行って来ました。今回、初めて! ちょっと何回目かわからないんですが初めて!! 1F真ん中通路を越えて前方に行けましたよ…これまでことごとく後方orお高見だったから…お高見はまぁ自分で選んで取った席だからいいんだけど、S席がまた…真ん中通路をまったく越えさせてもらえず…ここまで長かった…。

 そして長いおあずけを食らった末の前方は、とてもとても視界明瞭で、これまで見えていなかったものがたくさんありました…何回観てるんだよって感じだけど…びっくりした…。

  • 何かもうしょっぱなからえっ!見えてなかった!!って感じなんですが、闇の中で歓迎を受けるシーンの上手の隅にイヌ丸がいたんですね…「もうひとりの自分を、殺した」の後にバタン!って音がするのはイヌ丸が倒れていたのですね……ほんとあの、見えてませんでした。もしくは見てなかった…ショック…。
  • 真っ暗で見えない見えない、は平泉系変声。
  • 見たままの僕じゃないのなら一体僕は何者なんですか、もまた違う変声。
  • 「あーわかりました、そしたらワテは…えー、奇妙でへんてこなしちめんどくさい都市に紛れ込んだありきたりな人間ですー」って…何かそこも新たな変声で…しかもワテって(笑)。さらにワテはって云ってからちょっと考える間があった(笑)。遊んでる!
  • あの、早々にふたつめのびっくりだったんですが、心や声が身体から勝手に抜け出して分身してしまうフレーダー、のシーンの、分身した映像があんなに美しく投影されているとは…何か、たまに、綺麗に写り込むものなんだなぁとか思う時があったんだけど…それどころじゃなかった…びっくりした…。野鳥の会し過ぎて見えてないのと、センターから観られてない弊害が…。
  • 本日の巻き毛もドレッド寄りのくりんくりんでとても可愛らしかった。スボッ!ってしたい…。
  • 舞台が渋谷に切り替わるところで、背景に映る道行く人々の映像も見えてなかったなぁ。あんな雑踏っぽくなってたんだなぁ…。
  • ネオバビロンタワーたっか! たっかい!! いつもどっちかと云うとネオバビロンタワーのてっぺんを見下ろす席(笑)だったから感じなかったけど、前方から見上げるとこれは迫力ありますね!!
  • 何もかも今更の感想でわたしのこれまではいったい…。
  • イヌ丸が頭ごんごんしたところでまたハンドマイクが故障。わたしが遭遇したのは2回目です。袖に代替がスタンバイされているようで、一旦はけてすぐ交換して出てきた。出てきて「マイクがこわれました」って再開。
  • 戦争の頃でした、と鉄供出のくだりから、いつもより少し神妙に始まった。
  • イヌ丸が途中で鼻を黒く塗るのは何でだろうか。「みなさーん! 労働してますかー!」で塗るのは何故だろうか。あと初日辺りはヒゲも描いてたよね。今はヒゲは描かないよね。
  • 近い距離でヨシワラ見るのも初めてだけど、下段の皆さんちょっと辛そうですね…。
  • マリアにお話をねだっておいて好き勝手遊んでる子供たち(笑)。今日はカムロの影が寝転がった若い衆をロープでずるずる引きずっていた。
  • そして遊んでてあんまりお話を聞いていない子供たちに若干イラッとしてそうなマリア(笑)。
  • ゲオルギに話しかけるフレーダー、「ねぇ君、ちょっと話したいんだけど」ってちゃんと話しかけてた。今まではわりと、ねえ、ちょっと、ねぇ君、とか声をかけるくらいのことが多かったけど。
  • そして突き飛ばされるフレーダー。
  • 開演前にmさんと会って教えてもらったのですが、「門」の向こうから「音」が聞こえると「闇」になる、って。なるほどーー!! 気づかなかったーー!!
  • ってことは馬とか、馬は闇とか、も何かあるのかなーとか思ってしまう。わかんないけど!
  • 「子供たちは、今はどうやら本当にいない」でフフッと笑うフレーダー。
  • お高見席の時はいつも見学していたのに、前方だと、バビロンの塔の話の途中で後ろのセットをわっしわっし登っていくフレーダーの姿は見えないんですね。突然てっぺんに現れておお!ってなった。
  • ビロードの爪を持っているのはあなたですってば。
  • 膝をにぎにぎするフレーダーの手をさっさと払いのけようとするマリア(笑)。ところで手を握ったりする前に膝にぎにぎするのってどうなんですかね。それで「そんな目で僕を見るな!」ってご無体な。
  • まぁビロードの爪あるから仕方ないね。
  • 「一緒に行く?」「一緒に行く」まですごいアハハって笑い合っててとても可愛かった。
  • カムロ、「ななつでございますー」ってマリアのヘッドセットのマイクに向かって云ってる? のね?
  • あとフレーダーに向ける目が厳しいカムロちゃん。マリアに寄り付く悪い虫扱いかな…取られるとか思っちゃうかな…。
  • 車椅子を押すフレーダー、今日はシャツのボタン留まってなかった。
  • そういえば大方斐紗子さんってフミばあなんだよね…鎧武とゴーストが交わる舞台そしてそこに未來さん…。たこやきたべたい…。
  • ヨシワラでのゲオルギの「馬」って何だろうね…何かの隠喩だよねきっと…闇連れた黒い馬とは関係ないのかね…。
  • 何か大変なことになるヨシワラと、ぷらりぷらりと物見遊山なフレーダーさん、からの入れ替わりお人形。この流れすごく好き…。
  • そして郵便~。「ん~何故なら!」ってたっぷり聞かせてもらえましたたまらん。
  • お歌は何と云うか…ありがたや…って感じ。
  • フレーデルセンはもちろんのこと、首絞められるフレーダーの苦悶の声も聞こえる。そうか前方は聞こえるんだ…。
  • 「いつもの機械の唸り声が、メトロポリスの朝を告げた」からの3段高笑い~絶叫、が悲鳴みたいな、引きっぽいヒイイイイって声で…びっくりした。
  • 民衆を扇動するパロディ、「あなたたちは一体何?」からの「違う!!!」が迫力すごかった。
  • マリアの死の舞踏がわりと適当な感じなのも好きです。
  • あの、混乱してるメトロポリスの、櫓?が右往左往して見えるの、めちゃくちゃ…迫力ありますね…。上から見るとけっこう、整然とした軌道で動いてるなーと思ってたんだけど…下の正面から見るとすごい。
  • 水の映像も、見たことないのあった…見えてたのもあったけど知らないのもあった…。
  • イチャコラは、おでこぐりぐりを押しのけるマリア、お返しに鼻つまみ、鼻つままれたままフレーダーもマリアの鼻つまんで鼻つまみ合戦になってた…放してもらってからすんってしてた(笑)。可愛かったー! そしてどっちも負けず嫌いね…。
  • 上から見るとすごく整然と動いてるダンスシーンだけど、横(っていうか正面)から見るとすごい複雑というか雑然というか、に見えるんだなぁ。
  • あと、断片的に出てくるセリフは生で云われてるのも知らなかった…勝手に録音だと思ってた…。マリアとフレーダーは違うけど。
  • 前髪をかき上げるようにして静止するのも綺麗。
  • カテコ。前回、いつもより1回多くて未來さんが衣装脱ぎかけてたらしいという話を小耳に挟んでいたのですが(笑)、今日はちゃんと脱ぎ始めてなかったです。
  • まずは整列してお辞儀、ぱちぱちたくさんしてた印象。ハケる時の交点で松さんに向かって、あちらへどうぞ!みたいに手をしてたのが可愛かった。
  • カテコ1回目は下手の端っこでにこにこしてました。
  • 2回目は上手で。何か…可愛かったことと腰からばっきり折れるお辞儀やっぱりすげーと思ったことは覚えている…。
  • 3回目はぱちぱち手を叩きながらゆっくり歩いて出てきて、センターやや上手寄りに入ると、隣にぴゅっと松さんが来てふたりでニコニコしてた! 可愛かった!! ハケる時に両手をひらりと挙げて、そしてかけっこしてた(笑)。

 席に拠ってそんなに作品の印象が変わることはないはずというか、ないであろうというか、なくて欲しいというか、と思ってはいるものの、やっぱり…いろいろ違ってしまうんだなぁ。毎回毎回最前列で!!とは全く思わないけど、うん…もうちょっと、普通に良い席で観たかったな…せめてS席の時くらいはさ…いや仕方ないことですが。運とタイミングが悪かった。先行は後方から売られることもあるってわかっちゃいたけど…確保を優先してしまったから…。港いう時に、FC先行のありがたみが今更のように身に沁みるよ…。

 もう1回だけ良席のチャンスが残っているので、何とかこちらのコンディションを少しでもマシにして悔いのないように挑みたいです。もう残り…あと何回だ…ちょっとだ…。