読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

「メトロポリス」11/23昼

 祝日マチネ行ってきました。2日空くと久しぶり感がしてしまうの、おかしいですね(笑)。いよいよラストウィークに突入するメトロポリス、最後まで見届けます…!

  • 第一声で珍しく声が喉に引っ掛かるフレーダー。軽く咳払いして「誰だか知りませんけど」って始めました。初っ端ちょっとびっくりしたけどあるあるですよね。
  • 「真っ暗で見えない見えない」が…平泉さん的な声色で(笑)。RENTのマークを思い出してしまった…。
  • いつもの変声ポイントな「見たままの僕じゃなないのなら~」は、これはこれで今までに聞いたことのない変声でした。変な声の抽斗いくつ持ってるんだろう。
  • 本日の巻き毛。とてもくるくるしていました。巻きがきつくて毛先が上がってるのか、ちょっとだけ毛先を切ったりしてるのか、首筋の見え方が前より顕著。な気がする。くりんくりんしてるから良く巻けてるだけかなー。
  • あの髪形、キャバレーの松雪サリーみたいだよね(笑)。
  • 場面が渋谷の雑踏に切り替わってから、すれ違いざまに誰かと言葉を交わして歩き去る。
  • イヌ丸が語るハチ公の金属供出の話、溶解されたのが終戦前日だったのとか、機関車の部品になったとか、史実なんですね。じゃなきゃ云わないだろうけど改めて、そっか…。
  • じゃあ赤い靴の男が語るウシュマルの魔法使いのピラミッドって何だろう?と思ったらマヤ文明の遺跡だったー。魔法使いの老婆が温めたタマゴから孵った小人が一晩で建てた伝説もそのままだった!(参考:

【ウシュマル】魔法使いのピラミッドと呼ばれるマヤ文明の遺跡 | モッシュトラベル

  • …だから?っていう(笑)。
  • ゲオルギに話しかけるフレーダー、いつもよりちょっと強引というか。あのーちょっと君、ねぇちょっと、って何度か声かけてた。いつももう少しあっさりよね。おぼっちゃまだからね。
  • 赤い靴の男とカムロの別れ際の軽いタッチに合わせて、金属音がじわーんと小さく鳴るのがとても好きです。衝突。
  • フレーデルセンは「わたしの労働者たち」って云うしロートヴァングは「わたしのパロディ」って云うからパロディは「わたしの兄弟たち」って学習したのかな、って。所有、所有、所有。
  • 子供たちは今は本当にいない。いない、らしい。ってシニカルな笑みで云うのカッコイイ。納得していないような信じてなさそうな顔で云うのね。その後突然ぶっ倒れるのは何回見てもちょっとびっくりする(笑)。
  • 「子供たち」ってカムロと重ねて云うのは、でもカムロのことは見えてるんだよね?
  • 心を待つのって演説をするマリアの後ろでものすごい勢いでわしわしと鉄骨を登っていくフレーダーさんがすごいです。ましらのようだ。
  • マリアにちょっかい出すの、最初からスカートにぎにぎしてた(笑)。おもしろいアプローチの仕方だよな…。
  • 3回目はとても粘っていた。スカート皺になるから~!
  • 「過去」「過去?」ってなるところの、首をコキコキされながら云うフレーダーの「カコ」が何か可愛くて好き。
  • フレーダーとおばあさまのシーンのお歌、「過ぎ去る記憶」の記憶、が出るまでちょっと間が合ってドキッとした…けどピアノもちゃんと待って合わせて、シャンソンみたいな語りかけるお歌なのであまり違和感なかった。
  • 車いすを押すフレーダーの汗がぽたりと落ちるのが見えた。
  • ゲオルギと入れ替わるフレーダーがほんっとマネキンみたいなお顔と動きで最高に美しいのでガン見ポイント。
  • からの表情くるっくる変わる郵便のお歌も最高です。今日は「ン何故なら」ってンが付く何故だった…良い…。
  • 歌っている時の顔がかっこいいのっていいなぁ。っていうかみんな大体かっこ良かったり可愛かったりするよね…自分が歌ってる時の顔なんてあんまり見たことないけど、とりあえず見られたもんじゃないのはわかる…。
  • フレーデルセンが見た夢の話をするフレーダー、「吹き付ける風を退け」だったかな? 吹き付けるs…風を、って先にシが出そうになってた。おっと。
  • マリアの幻覚?を見たフレーダーが父を殺しにひらりと上るのがほんっとうに美しくてなぁ…重力とは一体。
  • パパもおっと。フレーダー、君は病気なんだ、のところで「お前を」って何か出ちゃった。
  • 三段高笑いからの絶叫最高です。マリア!!とかもすごく、こう、胸に迫る絶叫なんだけど…技術でもあるよなぁって。胸に迫るように聞こえる絶叫の技術ってきっとあると思う。
  • 群衆の行く手を阻むフレーダー、いつも後ろ走りに飛び出してくる*1けど、今日は後転で転がり出てきた。
  • 自分を庇って倒れたゲオルギの手を握り締めるフレーダー…良い…兄弟だよ…。
  • 全部流された後の渋谷、ヒカリエの辺りで赤い靴の串田さんが「ここは葡萄畑だったぞ」とか云ってて何か増えた(笑)。
  • いちゃこらはおでこぐりぐり→鼻つまみ→顎を摘まむというよりは持つ感じ。顎持たれてるマリアが何かきょろーんとしてて可愛かった!!
  • そういえば労働服を脱いでいるフレーダーのシャツの一番上のボタンがいつの間にか留っていていつ留めたんだろう、いつから留ってるんだろう。
  • ダンサーさんの膝の上に立ってから落ちて転がる時のお顔が美人。
  • さてカテコ。何だかゴキゲン麗しげな未來さんでした。まず整列お辞儀、ミュージシャンさん呼びこんでぱちぱちしてた。
  • カテコ1回目は珍しく上手に入って、松さんと飴屋さんの間に。松さんとニコニコしてた! ハケる時に松さんに肩を組まれててそのままふたり並んで後ろに下がってから走り去りました。可愛かった…姉弟感…。
  • 2回目は下手に入って、拍手して、ハケながら片手をひらりと挙げ、そして松さんと競争のようにハケていった…あのふたりはあれですかね、どっちが早く楽屋に戻るか競争でもしてるんですかね…。

 休演日前のメモでしたー。今回、いやわりといつもだけど、回数を稼ぐ為にA席とかコクーンシートのお高見席を多く取っているので、とても…野鳥の会です…。S席だってそれなりにあるのに、これまた悉く後方で…真ん中通路を全然越えられてない(笑)。野鳥の会もちょっと疲れたよ…前方席1回しかないよ…まだだよ…。前の方から見たらどんな感じなのか、まったくわからないので、楽しみに待ちます…しょぼん。あ、今回は隣の席のおじさんがまーあ8割寝てらしたのだけど、カテコの時に「いや~すばらしかったね」ってお連れの方に云っていたのが面白かったです。えっどこが!? 何がすばらしかったの!? 寝心地!?とか思っちゃったわ。いやいいんですけど何をどう楽しもうと他人に迷惑かからない範囲なら自由だわ…寝息とか身じろぎとか背もたれに頭ごんごんするのとか若干迷惑だったけどね…*2

*1:それまではマリアの櫓を押してる

*2:いびきかかなかっただけでもマシと思います