ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

あら年末

 ってくらいの年末感の薄さのまま、雪国まで来てしまっていますよ。