ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

大河ドラマ「いだてん」第15話

 

 今週もいだてんです! 気になる四三さんのお見合い顛末、涙の別れの新橋駅から旅立った朝太さん一行の旅路も見逃せません。予告見る限りまた…肌色が様々に乱れ散るようで…楽しみです(笑)。

 おっいきなりナレーションスタートですね。ばっの連続(笑)。そしてオープニングがすぐさま、珍しくないですか。これまでで最短のオープニングじゃないですか。オープニングでレシーブしてるの誰ですか。

 未来さんナレによる四三さんとスヤさんの振り返り、石部金吉こと金栗四三って(笑)。金兜まではいかないところがまだ可愛らしい…のかな。どうかな??

 しげゆきさんやっぱり……そうだったんですね。そうか婿養子…なるほど。スヤさんが蚊帳の外みたいになっているのがとても…不条理に感じてしまうけど時代ですね…。何だかなぁスヤさんも四三さんも好き合ってるのに状況が上手く行かなさすぎる。

 お義母さん…そんなにスヤさんのこと気に入ってたんだね…可愛いお嫁さんだもんね。お義母さんに泣かされる回だ…。いやでもここで四三さんが熊本で身を固めるわけにはいかない…ことは…わかっているので…どうするの。金栗家の家族会議が会議にはならないことは重々承知です。これダメだろ…兄上が強引に進めるやつだろ。あああ弟たちもばあちゃんも外堀を埋めにきている。わたし大声で怒鳴れば話が通ると思っているタイプのひとすごくダメなのでちょっと兄上が苦手気味なんですね…嫌いにはなれないんだけどね…。がんばれ四三さん。負けるな四三さん。ようわかった!って兄上本当にわかった? 大丈夫? あっ兄ちゃんストレートに。っていうか四三さんが未だに無自覚なのが…ねぇ。スヤさんの心はずっと前から決まってたのにねぇ。何だよこのもどかしカップルは。

 そして自覚の波。わかってないのは本人だけパターン。すがすがしい春の夜明けの肌色です。スヤさんの花嫁姿綺麗だなぁ! 兄上の高砂相変わらずあの…金栗の家系はあんまりお歌アレなんですかね…あっ間違えた(笑)。

 ここでスッスッハッハッがくるとは思わなかった(笑)。すごい四三さん。そのタイミングで亡夫の最期を訊くか。しかもこの部屋か。それは何とも…なぁ。なにやってんだよほんとに!って師匠がつっこんだけどまったくだ…が仕方ない…。四三さんは今はオリンピックで頭がいっぱいだもんね。スヤさん…もう数年待っててくれませんか…お互いがんばりましょうって酷い言い種だな。スヤさんは受け入れるしかないだろうけど…そこでキレたりはできないもんね…。

 朝の肌色タイム…尻隠さないのかもう(笑)。これで旦那様なのか…大丈夫なの池部家は。当主がこれでも回るようにもう出来上がってはいるんだろうけど若干心配です…お義母さんいる間は安泰だろうけどさ。

 再び東京へ戻る四三さん。何か…結婚してすぐ出征する兵士みたいだなと思ってしまった…。そして朝太さんはどうしているのか! 浜松、うなぎですねいいですね。相変わらず風来坊な風体で…おっ高座…誰も聴いてない感じの…。あれっ何で脱ぐの…って着物貸すのか(笑)。着回してんのか。ダメだな。ちいちゃん美人だねぇいいねぇ。あら~遊び人。眼鏡の少年、俥に乗ってたね。まーちゃん…どこかで聞いた? 聞いたっけ? あーあーあー小円朝師匠にそんな…でも「円喬師匠の爪の垢でも飲みやがれ!」ってのに円喬師匠への愛が溢れていてわたしにっこりです。

 体協は体協でとても大変そうなことに…。えっ永井くんテニスボーイだったの!? まぁ! しかし極端な人が揃っている体協ですね…そろいも揃って極端だなぁ。

 四三さんの耐熱練習、そういうのって練習でどうにかなるものなんですか…? 高所訓練とかはアレだけど、これは死ぬんじゃないですか? え、慣れるの? 人体そういうもの??

 浜松の二人組、またしどけない感じで…ありがとうございます…。かっぱ軍団、また何か暑苦しそうなのが出てきたよ。水辺だからちょっと涼しげだけど。ウォーターボーイズですね! 肌色ですね! そうか、所謂水泳がまだ伝わっていない時代だ、なるほど。えっこの子がもしかしたら…? まーちゃん? まさじ? あっここでもしや?? 接点できちゃうの??

 四三さんが死にそうになりながら走っているその時、相変わらず何だかフラフラしている朝太さん。どっちも水辺にいるけどずいぶん…違うね…脇目もふらずとわきばっかふってるだ。

 へーー耐熱練習、効果あるんですかね。死ななければ効果あるのかな…その前に死んじゃいそうだからやめた方がいいと思いますがね。高等師範学校もついに卒業かー、そういえば美川くんはどうしてるんでしょうか。ちゃんと卒業できてるんだろうか。

 ああやっぱり、熊本には帰れないよね。退路を断ってベルリンを目指す…のか…ベルリンなぁ。でも破談はないよーそれはないよースヤさんごめんねもうちょっと待っててくれないかな…。

 相変わらず衝撃に弱い体協の額縁。中途半端では立派な教師にも立派な選手にもなれない、それはそうかもね。四三さんの足、ランナーの足だよね。治五郎先生…やっぱり治五郎先生はそういうお方だしそこでにっこりしちゃう可児くんだよね!! そうかープロのスポーツ選手第一号になるのか。スポンサーつくといいね…。

 スヤさんありがとうありがとう。もうちょっと待っててね。ほんと四三さん身勝手だけど…どうかもう少しだけ待っててね…。でも冷水浴はあなたはやらなくても…そんんな肌色夫婦どうなんだよ!! 可愛いよ!!

 来週…ねぇベルリンは…ねぇ。1916年でしょ……。そしてこれは…もしかして円喬師匠…そんな。やだ~来週泣いちゃう~って予告が云うからきっと泣いちゃうんだ…わかった覚悟しておく…。

「BLUE/ORANGE」@DDD青山クロスシアター(3/29夜、4/4夜)

 「テイクミーアウト2018」のダレンがとてもとても素敵だった章平さんが、成河さんと千葉哲也さんという演劇モンスターと3人芝居をやる、とのことでこれは是非観なくてはとブルオレ観てきました。初日ともう1回です。初日取れないかもしれないから前半に予備を…と思って申し込んだら全部取れたやつね。いいんです面白かったから!

 ロンドンの精神病院を舞台に、ひとりの患者とふたりの医師が繰り広げる濃密な会話劇ガチンコバトル3時間です。正常と異常、常識と非常識、善と悪、優と劣、常識と非常識、そういう対立項の境界が観ているうちにどんどん曖昧になっていく、自分が「きっとこうだろう、こうであるはず」と思って観ていたそれが、どんどんひっくり返されたりぐちゃぐちゃにされたり、凝り固まった価値観をぐらんぐらんと揺さぶられる脳みそジェットコースターでした。面白い…面白いけどヤバい……終演後に瞳孔開いた薄ら笑いを浮かべてしまうやつだった…。

www.stagegate.jp

 大してネタバレでもないけど一応畳みます。

続きを読む

2019年4月15日:うーーーん

 先週はちょっとお休みだったけど、毎週ちゃんとお顔が観られて声が聞けて、とても素晴らしくて、ついでにこの前は久々のオドモのがたりもあって、供給としては大変安定しているのに、何なんだろうこの欠乏感は。渇望感は。贅沢だってわかってるんだけどそれでも……舞台が……観たい…です……踊るのでもお芝居でも歌うのでもいいから…なまがみたい………。

 って、たかだか半年くらい行ける舞台がないくらいでこんなんなるの、は、去年の年末辺りがとても密だったからかなぁ。うううーんなまがみたいよーう。海の向こうばっかりだよーう。

 本日のエントリーはこちら。

 

futurist.hatenadiary.com

  昨日のも。

 

futurist.hatenadiary.com

 

「談ス」シンガポール公演!

 6月にシンガポールで開催されるコンテンポラリーダンスフェスで、「談ス」が上演されるとのことで! 今回のメンバーは大植真太郎リーダー、森山未來、そして大宮大奨の御三方! わーんいいなぁ!!

the-contact.org

www.miraimoriyama.com

 

 お近くの方、お近くまで行かれる御用のある方、是非…3人の勇姿を観てきて下さい …。

大河ドラマ「いだてん」第14話

 

 先週お休みだったいだてん、今回から新章スタートとのことで、ストックホルム大会から帰国する四三さんですね。

 スタートはごりんくんから、巻き戻ってナレーション未來さんです。無声映画でオリンピック上映してたんですねー。テレビもない時代、スポーツという概念が初めて市井に広まった…ってことかしら。いろんな距離感というか、四三さんたちが体験してきたオリンピックというものと、白黒の無声映画で民衆が観るそれと、ずいぶん…隔たりがあるんだろうな…。

 そうか改元しているのか。大葬の礼…今回の改元はそういうのじゃなくて良いですね。野木大将…ニアミスしてたよねそういえば…。可児先生の笑顔、救われるね。って、足どうされたの可児くんさん!?

 へーーいろんなものをお土産に持ってきたんだね。そしてナレーションたくさんで嬉しい…先週聞けなかったから嬉しい…。…んん? 寺島しのぶさんだな?? 思わぬ出費、懐かしいね! 大森さん……うっ。ストックホルム、遠い夢のように感じられてしまう…って、寺島さん、じゃなくて、だ、誰!?でオープニング。オープニングの写真や地図の着色がちょっと鮮やかになったような気がするけど気のせいかな。比べてみよう後で。(比べてみたけど気のせいでした。変わってなかった!!)オリンピック映像は何、NG集ですか? でも彼らもひとりひとり、それぞれの国の期待を背負ってだか背負わされてだか、なんだよなと思うと…笑う気になれないなぜんぜん…。

 羽田の予選会…もう遙か遠くの記憶ですね…。二階堂先生、かっこいいな。濡れ衣だけど。敗因の研究も大事ですよね。ああ永井先生尖ってるな…治五郎先生のいない間にいろいろあったんだろうな日本でも。

 出たぁ!!(笑)今週の肌色…今週も肌色。電信柱を使ったインターバル走トレーニング、なるほど~。あっ野口くんこれは…近代五種だっけ…? いやぁ黎明だねぇ。二階堂先生は元・お茶の水女子大の助教授なのか。これは…楽しくなさそうな運動ですね肋木…。そうか治五郎先生の楽しい運動じゃダメだってことになってしまっているのか…。あああ永井先生そんな極端な…そんなの軍隊じゃないか…。確かに基礎体力も重要だけどさぁ。ぐぬぬ

 わぁ大日本体育協会大変なことになってたんだな!! 可児くんの足はそれで…借金すごいもんね…生涯返しきれなかったそうだもんね…。

 えっドッヂボールって可児くんが持ってきたの! 何てこと…わたしの天敵ではないか。小学校体育教育の害悪だと信じているわよ。くっそ可児先生恨むわ(笑)。

 あら~お兄様からのお手紙…しょんぼりしちゃうなぁ。とてもがんばったしものすごく有意義なものだったと思うのに…。

 って、朝太さん! 稽古つけてもらってる…のかそうでもないのか。円喬師匠のお顔ってほんと何考えてるのか読めなくて怖いよね…。まぁ~フラがあるそうで! フラ…フラワー? 華があるってこと? 違う? 何だろうね!! ドサ回りいってらっしゃい朝太さん! わー万朝さん時生くんだよ嬉しいなぁ。って師匠、見送りに行く気しかないじゃないか! すごい…とても愛されてるじゃん……何てこと…伝わりにくいよ師匠の愛…。そんでどうしてそうなってるの俥側は(笑)。師匠肺がアレなのにそんな走らせちゃいけませんよ。たまらんなこれ…なんてこった…。

 わーん清さん小梅ちゃんしばらくバイバイだね…わー何だこれ。何という…お見送りだよ…それでも師匠は円喬さんだよ!! 大事な弟子って云ってくれるんだよ…泣く。不器用な師匠と不器用な弟子だよ…朝太さんより先に泣いたもんね!!! ふわああああ…師匠…師匠大丈夫なの……お身体ご自愛下さいだよ……うっつらい。でもちょっと笑っちゃう、この辺の案配がもう流石ですよね…たまらないったら!!

 三島くんお帰りなさい! TNG…あれっどうしたのみんな。大人になってしまったの…解散なの…そうなの…みんな云っても良家の子息だもんねそれぞれおうちのこととかあるんだよね…。今日も女史素敵です。くっこの……ぼんぼんめ……良いですねサンフランシスコ支店配属。そうだよこれじゃなくちゃTNGは! 女史素敵です!! でもそれも過ぎ去っていく青春の1ページ、なのですね…時代は流れていく…。

 治五郎先生やっとのお帰りで…大森さん…知ってた…。阿仁子お帰りなさい。ああー治五郎先生いない間に大変なことにされてるーなってるーーもう席がないやつー!! あーあー完全に乗っ取られてしまった…が借金のことを云われたらぐうの音も出ないな……ほらー治五郎先生不在が長すぎたんだよもうーー。

 浅草の町並みを見下ろす三島くんと四三さん。この二人のちぐはぐコンビとても好きだったんだけど…これからはあんまり…もう…観られなくなるんだろうなぁ。あのストックホルムの日々のことを覚えているのは本人たちだけ、他の誰もそれを知らない…わかる気がする。夢の中みたいだよね…でもちゃんと現実だったよね。こうやって語られるモノクロの映像断片、きっと現地で体験してきたものとはかけ離れているだろうけど、でも…それでも確かにそこに残っているのは、きっと、とても大切なもので、写っているということはとても大きな意味を持つ、よね。夢じゃなかった。ふたりの笑顔がとても良いです。

 憂鬱な帰郷、でも戻ってみたら相変わらず兄上の声は大きく家族は暖かく迎えてくれるよ。えっ何だろう、何が起こるんですか。どういうことですか。えっ四三さん熊本で教師やるの? やらないよね…って見合い!? 急展開! って、えええええスヤさんどうしてえええええ。そりゃばばばばだわ。続きは来週ってしのぶさんに云われてしまった(笑)。えっどういうことだ。何があったの熊本。来週どうなるの。そして朝太さんはどこを旅しているの。夏だ! ふんどしだ!!じゃないよ…来週も肌色率高そうな大河で…楽しみですね! 肌色じゃなくてね!!

 夏は水泳、冬はマラソンってもう諸悪の根元ここからなんだな!! 良い迷惑だな!! ドッヂボールといいまったく…困りますね。あと冬のサッカーも解せない。そういえばわたし体育嫌いだったんですよ申し訳ない! やだーこのドラマに向いてないな!! でも楽しみに来週も観ますごめーん。

2019年4月10日:4月の雪

 わたしは遭遇しなかったけど、都内でも雪がちらつくことがあったそうで、そんな花冷えにしてもちょっとやりすぎ感のある本日。高尾山では雪が積もったとか。もうねぇいい加減…ダウンをクリーニングに出させて下さいませんかね…出す前で良かったよ…。

 本日のエントリーはこちら。

 

futurist.hatenadiary.com

 

 

futurist.hatenadiary.com

 

 

futurist.hatenadiary.com

 

 

futurist.hatenadiary.com

 

「VESSEL」ダミアン・ジャレさんインタビュー

 イギリス「ガーディアン」のwebに、ダミアン・ジャレさんのインタビューが掲載されています。4/16・17のVESSEL公演に向けて、あと映画「サスペリア」についてもお話されています。

www.theguardian.com

 で、

The dancer Mirai Moriyama is wildly popular in Japan, says Jalet, but when his fans come to the show they are frustrated because they can’t recognise him.  

  これね…わたしは全然そんなこと思わなかったし、どれが未來さんか探しながら観ることはしないようにしよう、って思って観ていたし、実際探さなかったし、でも探さなくてもわかった、んだけど…でもジャレさんがそう云うのなら彼にはそう感じられたってことで。そういう人もいたかも知れない。でもそうじゃない人もいたよー!って…云いたくなってしまった(笑)。どれが未來さんかわからなくてもどかしく思ってたら、京都で観てから犬島までわざわざ行かないよー!

 でも、そもそも未來さんが参加していなかったら観ていなかったであろう確率は非常に高いわけで、なので動機というかきっかけとしてはまぁ…何も云えない…。でもでも、もしこの先、VESSELの日本公演があって、そこにもし未來さんが参加していないとしても、わたしはなるべく観に行きたいし観る努力をするよ……だってVESSEL凄いもん。また観たいもん。また日本でもやってくれないかなー! フラストレイテッドじゃないから観たいです!!