読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

「なむはむだはむ」@東京芸術劇場シアターウエスト(2/24夜)

 アフタートーク付きソワレ回2日目、行ってきました! やっぱり子どものお客さんは少なめだったけど、向こう岸に男の子がふたり並んで座ってて、うごうごする未來さんに釘付けになってたのがずっと見えていて可愛かったなぁ。

 この日もお初の演目あり、くじ引き再び(笑)あり、アフタートークは前回よりも雑談めいて、盛りだくさんでした。盛りだくさん過ぎて帰りの頭がたぷんたぷんになるくらい!
 セトリとメモは下に。

 


 本日のセトリ。「日替わり」の札が増えてる!

f:id:xxkyrixx:20170224205124j:plain

 

  • 今日は指定席でした。若干前の人の頭かぶりが気になる…子どものお客さんにはお座布団が渡されてるみたいだけど、あれ1枚じゃ場所によっては見づらそうだなぁ。大人でも床上あんまり見えない感じだった…。
  • 入るとあれー誰もいないのかな?って感じだったけど、途中から岩井さんが出てきてお客さん案内したり、着席しているお客さんと喋ったり。「皆さん意外とパンフレット読まないんですね」「ネタバレするから?」とか云ってた(笑)。
  • 衣装はわたしが観られていなかったやつだった! 臙脂のジャケットお揃いになってるやつ! 岩井さんが赤い襟を出した黒っぽい柄トップスに紺のパンツ、ジャケットはノーカラーで縁やポケットの縁がコーデュロイ生地でトリミングしてあって、前身頃がスエードっぽい感じで後ろ身頃はサテンぽい光沢があった。近くにいらっしゃったからまじまじと見てしまった(笑)。
  • 開演まで岩井さんおひとりで、前説(携帯はマナーモードでも誰だかばれてるから、とかお菓子の袋開けるときにじわじわするとずっと気になるからあけるときは一気に、とか)を済ませたら、穴にもぐる。
  • そしていきなりの「クローバーストーリー」始まり! わーい! 前野さんのべろべろっぷりが上がってる!! 蝋人形にされそうな感じ!!
  • またイントレ…じゃなくてセットをよじ登ってキャットウォークまで到達。マイクコード捌きが大変そうでした。
  • 未來さんの衣装は深いコバルトブルーのシャツに黄色っぽい蝶ネクタイ、黒地に赤ラインのジャージ、臙脂のブルゾンぽい形で肩章が付いてる。ブルゾン脱いだら茶系のジレを着ていました。前野さんは茶系のV切り替え模様のトップスに赤いズボン、サスペンダー、フロックコートみたいな形のジャケットは黒地に臙脂の花柄のジャカード織りみたいな生地だった!
  • ノリノリベースだった! わりとこう…タテ気味の。柵欲しい系。
  • 最後の方は前野さんと岩井さんが「三つ葉~! 四つ葉~! クロ~バ~!!」とか掛け合いしててよくわかんなくなってた。大好き。
  • 最後キメてからさっさと次に行く岩井さんと未來さん、三つ葉~とかバンド!とかまだ云ってる前野さん。
  • 何故か3人でじゃんけんして、前野さんが負けて二人は穴からハケる。前野さんひとりから始まる「ろうじんとハムスター」。大きな桃を全力でがんばる前野さん。
  • 家の中に残った1匹のハムスター未來さんが、ちまーんと正座してて可愛かった(笑)。
  • ハムは太もも。美味しそう。
  • みんな死んじゃって「おじいさんのいないかぞく」はじっくり聞く感じ。立ち尽くす3人、というのもそれだけで何か絵になる舞台です。
  • 未來さんだけ舞台に残って、うごうごスタート。じじい顔(?)になってくちゃくちゃしながら本? 新聞?を読んだり、からの顔を手で隠してその手の後ろからちらりと顔を覗かせる、とか。おじいさんからガイコツに移行してる?
  • そのまま「ガイコツ」。ガイコツはガイコツになる前には学校行ってたんだねぇ…って最初でちょっとセンチメンタルになってしまった。
  • バラバラになったガイコツに歌が降る。今日の前野さんの歌はちょっと爽やかなノリだった。自在だなぁ!
  • 頭は、や、や、や、や、や、八百屋に、身体は、う、う、う、う、う、う、海に、アレンジも自在。
  • 場面が八百屋に移った時、何か未來さんが腕から買い物かごぶらさげた奥さんみたいな感じになってた(笑)。奥さんりんごと間違えてガイコツの頭買わないでね…。
  • そのままりんごを心臓にするガイコツへ。
  • 床上を滑るように蠢くのが多めだった印象。そのまま岩井さんの足元まで滑り寄ると、足に絡みつくガイコツ。で、ポーキーが岩井さんになる! 前野さん「ポーキー!」って鳴いてるのに(笑)。
  • 未來さん動きながら「…ポーキー?」ってちゃんとツッコミ入れるのね。そこだけだよねしゃべるの(笑)。
  • ポーキーとしてガイコツの肋骨に接続された岩井さん、引きずられるようになりながらテキストを読み続ける。というかもう紙読んでなかったよね暗唱だったよね。
  • そしてちょうえつ100万年を喰らうガイコツはブリッジしてた。収監されてるのかな…。
  • 脱獄はとてもリズミカルで可愛らしい感じ。
  • 激痛と赤ちゃんの笑顔、はまたサスケ部分を駆け上り直立でずるーんと滑り落ち、を全力で繰り返す。落ちる瞬間がひやっとするよね…。岩井さんはハイハイしてる。
  • 墓場に行ったガイコツ、未來さんのうねうねした動きに合わせて岩井さん、「ぬぅわいずぉ~く~どぅあすぁい~」(内臓くーださい)って云ってた。
  • 骨カスになるガイコツ。崩れ落ちていくように。
  • おかえり、の歌の時に、前野さんの背中に背中~後ろ頭を預ける未來さん。コンタクトっぽかった。えっやるの? 大丈夫?ってなった。大丈夫だった。
  • ちなみにからだはサメに食われました。ぶおん!!で伸びる謎の生物。
  • 穴に吸い込まれる未來さんと岩井さん。前野さんだけ残って、「けしゴムとクレヨンの最後」。未來さんが読んでた。
  • お金持ちのおうちに顔はハンサムだけど頭はバカなレブットという名前の子どもがいて、ある日えんぴつとけしゴムを買って、というお話を前野さんが熱演。
  • レブットがえんぴつをけずると…「イデデデデデ!!」と云いながら窓部分から未來さんがずるーんと滑り出てくる。
  • レブットがけしゴムで消すと…「イデデデデデ!!」と窓部分から岩井さんが滑り出てくる。
  • 「大丈夫か」とか何か会話してるえんぴつ?とけしゴム?、???ってなってるレブット(笑)。
  • 次にレブットは絵日記を書こうとクレヨンを取り出し、描き始めます。すると…「イデデデデデ!!!」「減る!! 減る!!」苦悶するふたり。削れられていく文房具の痛み…。
  • 2年後も絵を描いているレブット、「痛い痛い!減る減る!!」ってなってるクレヨン。生涯、なくなるまで痛いのか…可哀想だな…。
  • 穴に頭から突っ込んで、足だけにょきっと出てる岩井さんと未來さん。絵を描き続けるレブット前野さん。から、何やら軽快なビートが鳴り始めて、何やら可愛らしく…?なの??踊り出す前野さん。可愛い振りなんだけど…何かむかつくやつ(笑)。
  • ロボットダンスとかもしてた。その間にロープが降りてきて足も消える。
  • ロープの端っこ持った未來さんと岩井さん再登場して、前野さんの背後にそのロープの端っこを持っていって未來さん「じゃあねー、前野さん、ちょっとスッキリしましょうねー」…岩井さん医者で前野さん患者で未來さん看護師で直腸検査(笑)。
  • 綺麗ですねーとか2の4の辺りにちょっと影が…とか云われながら切ない声を上げる前野さん(笑)。「こんなに出ました!」ってロープのかたまりを…何なのそれ…(笑)。
  • から、床パネルを1枚外してテーブル上に持ち上げて未來さん「今日の食卓は豪華だな!!」食卓!? 豪華!? 食べるの!?!?
  • 何となく食いしん坊ばんざい的な郷土料理レポート番組っぽくなってくる。岩井さんが「じゃあ皆さんの体はほとんどこれで出来ているような?」とかレポーター的になって、未來さんが「今日は嫁ががんばったから豪華だ」とか「味はミル貝みたい」とかいろいろ云ってる(笑)。
  • 湯虫、って云ってた…「あとで調べてみてくださいすごいから」って云ってた…調べないでおこう…。
  • で、「これを…こうやって?」と未來の頭に巻き始める岩井さん、「そうそう食べる前の儀式的な…一体になる、みたいな…」と巻かれていく未來さん。何だよ食べる前の儀式って(笑)。
  • から、「妻の美容院に着いてきちゃった旦那」みたいな設定になって、いつ終わるんだーとか云ってる前野さん、が途中で岩井さんに「あなたーいつ終わるのー?」とか今度は美容師岩井さんの妻になり、ぐるぐる巻かれている未來さんは「秀人? 誰としゃべってるの?」ってなり、修羅場の空気になる(笑)。
  • 何だっけ、未來さんが「何? この気配??」って秀人を詰問すると岩井さんが「いつも絵描いてると出てくる人!」って云い残して舞台から去ってしまったんだけどどういう意味だろう…。
  • 秀人のお母さんになる未來さん、「小さい頃は一緒にお出かけしたのにねぇ」とか云ってた。ちょっとせつないね。
  • そして「きょうりゅうのえいがかん」、ハミングっぽい感じから指鳴らしもあまりなく始まった、けど後半すごかったー!! スーパースキャットタイムーー溶けてしまうーー。
  • なのにやっぱりスーパー高速大縄跳びタイム。怖いから!!
  • 「ひでとかもん!!」って無理やり入って1回飛べたり飛べなかったりの岩井さん、「わんもあたいむ!」って。1回は飛べるのすごい。未來さんめっちゃ良い顔で笑ってるし。
  • 「壁に見えるよー!」でしょうね…わたし絶対無理…良く行けるなぁギター持ってるのに…。
  • 「入りたかった」「入れなかった」「あなたと入りたかった…」とか歌ってる未來さんと岩井さんに「俺だけ混ぜてもらえなかったよ~!」と歌う前野さん。最後は何か良い感じに終わるのもかっこいい…んだけど(笑)。
  • 「長い毛」未來さん今日もロープ外すの大変そう。
  • 窓部分が最初から開いてるからどうなるのかなーと思ったけど、やっぱりロープを張り巡らせてから最後に端っこ持った未來さんがそこに立って、タンクの蓋から光が差し込むところで黄色い光が差し込んで、何ともいえない表情の未來さんがその向こうに消えていきました…外に出られた…。
  • 「長い毛2」前野さんの冬の日本海の歌が最後まであった! 男は毛の持ち主だったのか…。
  • あっわたし前に「荒れる白波の中遺跡の舟が」って聞き取った気がするけど「一隻の船が」ですね…何かエジプトの遺跡から出土する太陽の舟とかそういう感じになってしまった…。
  • 穴からロープを掴む手が現れる。あそこ本当に…すごく好き…。
  • 泳いだり、たゆたったり、流されたり、沈んだり、もぐったり。
  • 窓の岩井さんに向かってまっすぐ歩いていく未來さん、岩井さんの手から紙を奪い捨てて、その手を取って連れ出す。岩井さんは前野さんの方をじっと見つめているけど、その正面に回りこんでハグからのチークタイム。
  • 可笑しいんだけどちょっときゅんとなるんだよね…木と毛が出会ったんだもん。
  • 前野さんの歌いながらの茶々入れがたくさんでおもしろかった。「あなたたち、木と毛?」「何でくっついてるのー」とか。
  • 「木と」「毛ぇ!」の岩井さん未來さん掛け合いが盛り上がって、入れない前野さんが「俺も混ぜて~く!」とか入ってくるんだけど黙ってて!と一蹴されていた…ラブラブすぎて入れてもらえないく…。
  • 途中で岩井さんが突然ぎゅむっと腕に力をこめたように見えて、未來さんがぎゃー!って云ってた(笑)。何が起きてたんだろうあの瞬間(笑)。
  • そして波の音が鳴り響き、ばっさり終了即撤収。好き。
  • で、ロープを片付けている未來さんが、何か気合い入れてて、何だろうと思ったら岩井さんの手元に紙の束が! えっあれやるの!? また!?
  • 前野さんがまた目を瞑って1枚紙を選ぶ、と…あっこれ4枚くらいあるやつだ、って…(笑)。
  • 未來さんが「うわー…」って云ったら岩井さんが「わーとか云わない!」って(笑)。で未來さん「わーーい」ってめっちゃ棒で云ってた(笑)。テンションあげて!
  • 役割くじも目を瞑って3人で引く。よしっと小さく呟く未來さん(笑)。
  • 音楽岩井さん、言葉未來さん、動き前野さん、で演目は「まほういしカメラ」でした。「仲良くやろうね」とか云ってたね…前回大変なことになってたからね…。

 

  • 男が買ったカメラは魔法のカメラだったお話。カメラをパネルで表す前野さん。何か、前回と同じ演目なので、わりと上手い具合に進んだんじゃない?
  • 言葉担当の未來さん、テキスト読みも面白かった! 「それでは聞いてください、猫が魚を取りにきた時の歌」って岩井さんに振ると、岩井さんも苦しみつつも一応、弾き語りフォークソングみたいな曲調で、「それは~とてもおおきな~さかなでした~」「一瞬の~できごとでした~」とか無理やり歌ってたし、前野さんもロープくわえて猫になってて、成立してるじゃん!
  • 弾き語る岩井さんの後ろで直立して「あーあー」ってコーラスする未來さん。蝶ネクタイとジレ効果もあってとても…コーラスっぽかった…(笑)。
  • お話に戻って、「コラって云ったらねが引っくり返りました」「ねが!?」「ねが引っくり返る…」と子どものテキストに翻弄される。転がってぐるん、となる前野さん、「性根がね、引っくり返ったんだよね」と助け舟を出す?未來さん。
  • いろんな動物が出てくるところはとてもリズミカルに動物を列挙して、その動物たちが破壊した家の中のものもリズミカルに列挙する未來さん。
  • 外を見ると、町が破壊されていました、のところで岩井さんが窓の向こうに一旦入って、窓から外を覗いてああっ…!て感じに手を伸ばすファインプレイ。素晴らしい。
  • すかさず未來さんがギターを構えて何か歌い出していた…けど結局手拍子になってフラメンコになってしまう(笑)。どうしてそうなるの(笑)。
  • で、岩井さんがファドっぽく「わたしのまちがー見るも無残なすがたになってしまったー」とか歌い上げる。すごいな。本当にすごいな。情熱的にギターをかき鳴らしながら「はっ!」と合いの手を入れる未來さん。前野さんも手拍子でフラメンコしてた。
  • 岩井さんが穴の縁で「お、落ちそう~…で、落ちない!」とかやってて…何を見てるんだ今…(笑)。
  • その後すごく綺麗にすとん!と落ちていた岩井さん。
  • 結局ふつうの町に戻らないまま終わってしまいました。「おわり!」って(笑)。
  • でもよくやったと思うの!! 前回のぐっだぐだに比べるとすごくまとまってたと思うの!! 願わくば次回のくじ引きで前野さんが違う演目を引きますように!!(笑)

 続いてアフタートークなんですが…ちょっと間に合わないので後でやります…ね…。