読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

FMジャングル「アートニュース豊岡」第3回目・第4回目

森山未來 ラジオ

 ちょっと昨日は録音を確認したところで力尽きてしまったのでまとめて2回です。第2回の前野さんに続き、第3回で未來さん、第4回では岩井さん、とひとりずつフューチャーしていくシリーズ(笑)。

 昨日の第3回は未來さん回! さすがに3回目はもう電話のオカンネタはなしですね(笑)。ルーツはお馴染みの5歳でダンス始めた話からマイケルのジャパンツアー話、同じダンススタジオの女の子が「アニー」の主役に選ばれて観に行って「こんなんだったら俺にも出来るわ」と云ったらしい話*1、ハリウッドミュージカルの話、とか。15歳でデビューって表向き云ってるけどほんとは11歳で「宮沢賢治」に出たのが初めて、とか。風の又三郎役ね知ってたー!(笑)インタビューを行っている喫茶店は、テーブルがゲームの筐体なんですか? 岩井さんとの出会いはKAATでハイバイの公演を観た後に横浜の中華街で話した、っていうのは雑誌のインタビューで読んだな。海外のカンパニーが行うチルドレンショーの話はけっこうがっつりと。中華街でそんな話をして今に至る、と綺麗にまとまって終わりました。

 そして第4回は岩井さん、岩井さんのルーツ話、が…すごかった…軽妙に話されるから笑って聴いてしまうけどなかなか凄かった…そしてここでも尾崎に導かれし者が…。尾崎信者の通過儀礼は高校入ってすぐ辞めること、とかそんな!!(笑)げんこつで押し通す子供時代から15歳で住み込みで働くとか、そこから4年間引きこもって映画を浴びるように観続けるとか、作り手になりたいと思って演劇の大学に入った(ってことは大検とかそういうのかな?大胆な端折り方でわからなかったけど)とか、すごいことと非凡なことはとても良くわかったルーツでした。それを楽しく面白く話すのもすごいなぁ。いちいち未來さんが、えっちょっと待って!?的にツッコミ入れるのも面白かったです(笑)。あと「はなむはむだはむ」の成り立ちとかのお話もちょこっと。「ほんとにこれで宣伝になるの?」って心配する岩井さんに、明日以降もありますからとフォローするパーソナリティさんでした。明日以降も楽しみにしております! 本日のおすすめ気になった…(笑)。

 そして本日分の予約録音に失敗しておりましたとさ。放送時間が遅めだったからリアルタイムで聴けてよかった…明日は大丈夫かなちょっと心配になっちゃうよ~。

*1:恋心の話は初耳だわ!