読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

01.10.★

 1年経ってもやっぱり信じられないし、あんまり信じていないし、それでいいと思っています。昨日はNHK-FMの「今日は一日D.BOWIE三昧」生放送を10時間ずっと聴いていました。10時間たっぷりいろんな曲を聴いたけど、まだまだ聴き足りない、聴けなかった曲があるので、各自(笑)補完します。アンダープレッシャーとミラクルグッドナイトとベルベットゴールドマインをとりあえず補った! ちなみに放送では、「All The Young Dudes」をお聴き頂きます、とのアナウンスの後に「クイーン・ビッチ」が流れて、あれ? 違うよね?ってなってたらフルで流れた後に訂正が入って、改めてオールザヤングを、ってなったのに今度は「Young Americans」のイントロが流れて落ちついて! それはヤンアメ!!ってなっていたらフェードアウトしてオールザヤングが流れる、なんてハプニングがあったり、ボウイ一番の問題作*1「Girls 日本語版」がフルでかかってしまったり(「これをリクエストするのはボウイファンの義務」ってコメント付きで)、ガール聴いたの十数年ぶりでとても…苦行だった…(笑)。そんな楽しい10時間でした。(プレイリストはこちら プレイリスト - 今日は一日○○三昧(ざんまい) - NHK )

 1年前に書いた通り、その後わたしの人生が大きく変わることはなかったけれど、ふとした瞬間に、あっ、そうか…と思い出させられることがあったりして、その時の寂寥感というか、そんなはずはない、まさか、っていう感覚は、何とも言葉で云い表わし難いもので。これが、亡くす、ということなのかな。でも、普段そういう瞬間に出くわす機会もそんなになくて、ただこの時期さすがに耳目に入ることが増えてきて、改めて、ああ、そうなんだ、と…いやまだ信じていないんだけど(笑)。

 寺田倉庫で開催中の「DAVID BOWIE is」展は近々観に行きます。英V&A博物館での展示の様子を映像化した映画、は、まだそんなことになる前に観に行って、「回顧展」なんて云われるともう亡くなった人みたいじゃんボウイはまだ生きてるし引退もしてない!!ってちょっとぷんすかしたんですが(笑)、日本に来てくれるとは思っていなかったのでとても嬉しいんだけど、同時に、本当に回顧展になってしまったのが哀しくもあり…複雑です(笑)。でも行くからにはたっぷり楽しむし(なるべく)泣かない!

davidbowieis.jp

*1:とわたしは信じている