読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

「SAL -Dance and Music Installation-」@スパイラルガーデン2日目(12/28)

 2日目のSAL、行ってきました。仕事納めの納会が早めに終わったのでかなり時間があって、青山の好きなティーサロンで美味しい紅茶を頂きながらだらだら…のんびり過ごしてからしゅっとスパイラルへ。今日のワンドリンクはお水をもらって持ち帰ったんだけど、イスラエルのお水じゃなくてドバイのお水だった!

 2日目のゲストは堀つばささんとU-zhaanさん、堀さんはTeZukAで拝見…拝聴?したことがあって、ユザーンさんはライブは多分初めてだけどアラヤヴィジャナのアルバムでとても拝聴しております、という感じ。でもそのふたりが一緒で、さらにJudas,~の世界と混ざるとどうなるのか…やっぱり全然想像つかない(笑)。
 迷いに迷って、ダンスも観たいけどタブラも見たい…とどっちも見える辺りに席を確保して、開始を待つと、まず堀さんとユザーンさんが登場、楽器ブースに入ってチューニングスタート、なのですが! タブラのチューニングって初めて見たけどすごいのね! 所謂太鼓の皮を縁に沿って叩いて音出しながら、皮を張っている部分の留め具?を金属ハンマーでごんごん叩いて音を変えていくの…まぁティンパニみたいな原理だろうから、皮の張力を変えると音程の高低が変わるのはわかるんだけど、ハンマーって!(笑)。調弦笛鳴らしながら、そのチューニングもまた何かとても面白くなってしまう音程でわくわくした…すっごいガン見していたらいつの間にか未來さんとエラさんが立っていた…。そしてチューニング中からじわりじわりと動き出す未來さん、ワイングラス片手にじっと動かないエラさん、のふたりから始まるのは初日と同じ雰囲気だった…けどそう思ったのは最初だけでした…。

 わりと、振りの要素に変化はそれほどなくて、昨日も観たやつ、て感じなんだけど、それでも観ながら耳に入ってくる音が違うと、いろいろ雰囲気とか場の空気感とか、受ける印象とかが全く違って…全然違って見えるのがすごい面白かった! 同じ振りでも、昨日はキラキラした、どちらかというと愛らしい、祝祭感だったり童話みたいな世界観のある雰囲気だったけど、今日のは全く逆方向で…とてもバトルだった…和太鼓とタブラが盛り上げる緊迫感ったら凄かった…琴や金の音色も幽玄で諸行無常だった…けど、内子座の和の雰囲気とはまた違う方向で、ジャパネスクというよりは無国籍、東方のどこかの国って感じになってたなぁ。音でこんなに印象が変わるのか!というのをとても鮮やかに提示してもらえた、見せつけられた感じがしました。タブラの音がまた不思議な…音程のある打楽器だけどメロディとまではいかなくて…でもベースラインより主張がある…ティンパニよりたくさん音階がある…ほんと不思議だし正音階の間の音程も出すし音程のない打音も出るし複雑な楽器だよねタブラ…変な汁が脳内に出ちゃう(笑)。堀つばささんの哀愁と郷愁たっぷりな歌声も素敵だった。本当に、初日とは全くベクトルというか文化的背景が違って見えて、こっちはこっちでとてもドキドキするスリリングな夜でした。プリミティブで土着的でアニミズミックな印象になりました。

 演出的にはテーブルの配置や向き、ダンスの位置取りが変わっていて、わたしの席の位置は昨日とほぼ同じだったけど、見える風景はまた違っていて新鮮に楽しめたし、要素の構成が変わることによって受ける印象も変わるので、1日目とはまるで違う作品のようでした。ふたりの衣装も、未來さんは上下お団子頭に深いモスグリーンのTシャツでボトムは同じ、エラさんはお団子に臙脂のタートルカットソー、グリーンのクロップド丈パンツ、と昨日とはがらりと違うイメージで。エラさんの上下の色が、渋い色合いのお花みたいで綺麗だったなぁ。未來さんのモスグリーンのTシャツは中盤辺りでびしょびしょになっててほぼ黒でした。

 初日のふたりはくっついてないといられない双子みたいに見えたけど、今日のふたりは愛憎の果ての反発とか、近づこうとしても弾かれるように離れずにはいられないような、磁石の同極みたいな、同化しようとしてもどうしても分離してしまう水と油のような、何かそんな印象に見えた。近づくことがバトルになってしまうような…それでも近づかずにはいられないような。ラスト、並んで立つふたりの手が離れるところがわたしの位置から見えなくて、そこだけがちょっと残念だったなぁ。あそこのあの指先、あの立ち並ぶふたりが青い光に染まっていくところ、で何を感じるか、がとても大きいような気がするので、この「SAL」では。

 ところで、1日目の阿部海太郎さん青葉市子さんがヨーロピアン方面の西な雰囲気、2日目のユザーンさん堀つばささんがオリエンタルな東の雰囲気で、3日目が西の青葉さん東のユザーンさんにさらに和の吉井盛悟さんで、西→東→東西融合、みたいな流れに見えるんですがどうでしょうか。最終日がどうなるのかとても楽しみです。ちょっといろいろハラハラだけどー!