読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

「メトロポリス」11/13昼

 怒涛の7連勤(勤?)の締めのメトロポリスでした。何となくソワレな気がしていて昼間はゆっくり~なんて思っていたらマチネだった。何でそんな勘違いしたのか…気づいて良かった。

 だいぶ詰めて観たので、そろそろこう…いろいろとわかってきても良いはずなんですが、相変わらずわかんないね! でも、そういう「わかる/わからない」を求めるというか、理論的な解を求めるものではないことはわかってきたし、わからないを含めた状態で楽しめているので、いいのかな。

 そろそろ原作小説を読んでみようかなーという気にもなってきていますがもうちょっとこの曖昧模糊とした世界をふわふわしていたい気もする。

 日曜日のざっくりメモです。ざっくりです。


  • 暗闇の中の見えない見えない、「飛んでいく鳥を想像してみて?」と云われてばさばさばさばさ…の中で「…ジャングルみたいだな(笑)」。うん、確かにその辺の小鳥とかってレベルじゃないよね数も大きさも。
  • 毎回髪型をチェックしてしまう巻き毛好きですが、今日は何だか…耳横から前の方は綺麗に縦ロールができているんだけど後頭部はわりと雑多な感じで根元もあんまり巻いてなくて…前半で力尽きたのでしょうか。時間切れでしょうか。でも顔周りのロールは綺麗だった…。
  • フレーデルセンにクビを云い渡された彼、階段に座って何度も白い上着を脱ごうかどうしようか迷って、一度脱いで、また思い直したように着て、着たまま歩き出すけどとても肩を落としてとぼとぼ歩いていた。彼はどうなるんだろうね。
  • 迷宮の王様のお話の最中、カムロの影が縄跳びしてた。二重飛びを前と後ろで。まぁ軽やかなこと…わたし二重飛びあんまりできなかったな……。
  • ゲオルギと上着を交換して、労働服を着てからシャツの一番上のボタンを外す。
  • 流れ星の衝突の話の最中、ネオバビロンタワーの最上階*1でさらに高みを見上げるフレーデルセン、地上?を歩くフレーダーも上を見上げてる。何を見ているんだろう。
  • 何となく、フレーデルセンは「今」が衝突の寸前の「一瞬」の中、なのをわかっているような気がする。何となく。だから都市が崩壊していくのにも逆らわないのかな…。
  • カムロのとうとうたらりの歌の時にもテルミン鳴ってるね。
  • 子供たちはもう、いない。いない、らしい。でバタッと倒れるの毎回ちょっとびっくりする。そして何故倒れるのかよくわかっていない。立ち上がると時間と場所が移り変わっている?
  • マリアとフレーダーの可愛いシーン、「こんちくしょうって!」のあと何て云ってるんだ。うっちゃっとけるかってさ?
  • 毎回思うのですがビロードの爪を持っているのは未來さんの方だよね…。
  • 足投げだして二人してへへへって笑ってるのすごい可愛い。踊るとしっとり優美なのに。
  • マリアの「覚悟していてくださいね」ってところがとても好き。日本語美しい。
  • こういうところ見るのってあんまりあれなんだろうなと思いながらも、フレーデルセンの上着を受け取りながら鮮やかに上手にハケるフレーダーを見るのが好きです。水のコロスの前。かばってくれたゲオルギを助け起こしてハケつつ、とか。
  • イヌ丸が泥の中から拾い集めた言葉が増えた。「街? 街がどこにあるの?」「真っ暗闇で見えない見えない」
  • 赤い靴の男になでなでされるイヌ丸がまことに愛らしくてわたしもわふわふもふもふしたい…おっきいわんわん…。
  • 群衆に処刑されるパロディをマリアと見分けることができなかった、ってフレーダーが独白するところで珍しく云い直し。見上げる、と混ざった?
  • 寄り添って踊るふたりのしっとり優雅な雰囲気…から一転、ぎゅうっと目をつぶって顔くしゃくしゃにしてマリアに顔を押し付けるフレーダー、ちょっと迷惑そうに押し戻すマリア。短いシーンだけどめちゃくちゃ可愛いから…!
  • お返しにフレーダーの鼻をつまむマリア。いつもより強かったのか、ちょっと痛そうに鼻を触ってました。可愛い!
  • で、さらにお返しにマリアの顎をつまむフレーダー。ずっとここ観たい…あと3ターンぐらいやろう…。
  • 徐々に暗転していく中、ゆっくりと近づいて行くマリアとフレーダーのラストシーンがとても好き。
  • 整列お辞儀、すると真っ先に片手を高く挙げてミュージシャンさん方を呼び込む松さん(笑)。昨日やっちゃったからね!
  • 隣の串田さんと顔見合せてテヘヘって笑ってたのもとてもキュートでした。未來さんも笑ってた。
  • カテコは下手側に入って隣になった女性ダンサーさんと一瞬顔を見合わせてにっこり。軽く拍手して、両手をふわっと挙げて駆け去る。
  • 2回目はわりと真ん中近くで、フレーデルセン役の大森さんのお隣に。腰に手を回して父子仲良くしてるのは何だか感慨深くなる…。

 以上ざっくりメモでした。だーいぶ解釈を放棄してきてるぞ(笑)。

*1:たぶん