ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

結局ね

 がっつり寝込みたいところですがそうも行かず。早く治れ風邪〜。
 好きなひとが、楽しそうに、もしくは大変そうでも遣り甲斐を感じているのが伝わる形で、元気に、お仕事している様を見ることができれば、それだけで充分なのにね。