読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

おめでとうおめでとう!!

 というわけで12月12日の土曜日、天気予報ではずっと雨になってたのに蓋を開けたらすっきりキラキラ快晴の午後、わたしの大事な友人の結婚式がありました。出会ったきっかけはウォーターボーイズ、この日記を始めるよりも前に仲良くなって、そうそうドラマ「ラストクリスマス」の第1話を前に住んでいたアパートの一室で一緒に見て夜中まで騒いだのも彼女とでした。二十歳の未來バースデーも一緒にお祝いした、わたしの最初に出来た未來友達さんです。一緒に遠征もしたし舞台もたくさん観に行ったし鼠帝国にも行ったし直近だと死刑も一緒に観たし、何やかんやでお泊りしたりしに行ったり、いろいろ楽しい時間を共有してきた大切な仲間のひとりです。めでたくて嬉しくてちょっと寂しい気もしなくもなかったけど、いつもの(笑)面子でみんなでお祝いできて、和装の花嫁姿の彼女はほんっとうに綺麗で、日本髪がこんなに似合う新婦初めて見たわって感じで、でもお色直しのドレスもめちゃくちゃ素敵で、神前式は厳かな三々九度で、披露宴はうってかわって和やかで笑いの耐えない時間で、とても幸せな1日をおすそ分けしてもらいました。楽しかった〜!! いつもの面々がそれぞれ着飾って、いつもと違う華やかさになってるのも楽しかった(笑)。
 奇をてらったりネタに走ったりしない、ごくごくふつーの披露宴だよー、って何度も聞いていたので、そっかーまぁ会社の上司とかも来られるだろうしそーんなに遊んだりできないよね人生の一大イベントだもんね、なんて思って、ある意味完全に気を抜いて(?)いたのですが、それはお色直しを終えた新郎新婦が各テーブルを回り、写真撮ったり歓談したりの順番が、我々のテーブルに回ってきた時のことでした。カメラマンさんに写真を撮ってもらっている最中、披露宴会場に響いた聞き覚えのある、いや聞き慣れた「AH〜♪」の重なり…こ、これは…そうシュガーベイビーラブ…! その途端に知り合ってからの十数年が走馬灯のように駆け巡り、あああだめえええと崩れる人々…わたし結婚式で泣いたことないんですが…これはダメだった。もうあの夏のキラキラとそれから今までが何か一気に押し寄せて感極まってしまいました…しかもしゅがべいびらぶに続いてあなたのとりこ*1流れるし…確信犯め…楽しかったねぇこれからも楽しいことたくさんしようねぇ幸せになってねぇ…!! そして完全にめためたにされた我々は、ささやかな仕返しを企て(?)、ひな壇上の新郎新婦と一緒に写真を撮ってもらう時に新婦に内緒で、タナーカポーズをビシィッ!と決めてきたのでした。後で写真見た新郎に突っ込まれて説明責任を負うが良いさ☆
 恒例の新婦からご両親への手紙も、新婦が持ち堪えてるぞ…と思ったら隣で新郎が号泣していたり、新婦がやたらドレスの裾を蹴飛ばしながら歩いていたり(笑)、終始和やかな雰囲気でとても楽しい披露宴、楽しい1日でした。お式の後も参列した面々でカフェで反省会したり、帰り道まで楽しかったなぁ。


 お料理もとても美味しかったし、新郎のファーストバイトが巨大な一口にされるのもお約束だったし、うん。楽しかった! おめでとうございます末永く仲良くね落ち着いたら新居に遊びに行かせてねうちにもまた来てね!!

*1:訂正しました