読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

お祝い本番

 で、GVGの後には未來ハピバを改めて祝いつつ美味しいデセールを頂いてきましたよ!
 神楽坂にあるアシェットデセールのお店「Calme Elan」で、カウンターで目の前で作られるデセールをコースで頂くのです。はあ贅沢だった…何食べても美味しくて味わったことのない味がした…。合間合間に思い出したように「みらいおめでとう…」「みらいはぴば…」ってつぶやいてたけどまぁあれだよね、目の前の芸術的なお皿の数々に目的はしょっちゅう忘れ去ったよね。美味しかった…。


 まずは前菜的な。右から、マンゴーのアイスマカロン、コーヒーとオレンジリキュールのショコラ、バニラのショコラ。ショコラがねぇ何と云うか外殻部分のチョコが薄っっくて指でつまむと凹みそうなくらいでそれがパリンとなると中から濃厚なクリームが溢れ出てそして一瞬で溶けてなくなるのです…美味しかった…一粒ひとつぶの余韻がヤバかった。です。

 続いてメイン。メインは3種類くらいのメニューから選べます。わたしは、ええとなんだっけ、自家製プラリネアイスとレモンアイスのなんとか…だったかと。お皿の底にキャラメリゼしたナッツが敷いてあって、その上にダコワーズ生地を器にして、中にバナナとチーズのソテー?だったかな?が入ってて、そこにレモングラスのムースで蓋をして、何か美味しいムースが乗っかって、その上にレモンのアイスとプラリネアイスが乗ってて、それらをナイフで崩して全部混ぜて頂く、という…この美しい芸術作品みたいなものをぐちゃぐちゃにして食べるなんて…と思いつつ、ええ、思い切り行きましたよ。スプーンで掬って口に入れる度に、その時そのひと掬いに乗っかったものの味が絶妙に混じり合って、食べるたびに違う味・違う食感がするんだけどどれも美味しくて…カリカリだったりふんわりだったりふにゃんだったりしゅわっだったりひんやりだったりもったりだったりほんと、めくるめくひと皿でした…今思い返しても夢のようなひと時だった…みらいおめでとう…。
 友達が食べた赤いベリーのなんとかも美味しかったです。一口もらった。

 芸術的なメインを堪能した後は、すっきりとした味が爽やかな加賀棒茶にミントの風味を足した冷たいお茶と、キャラメリゼしたナッツ?をくっつけて食べる暖かいフィナンシェが出てきました。この暖かいフィナンシェがまた! 暖かいの!! 美味しい!! シャリシャリするナッツを付けながら頂くのも食感が楽しくて素敵です。ちっちゃいんだよねフィナンシェ…大事にじっくり頂きました。わたし普段ものすごく食べるの速いから、一生懸命じっくり食べたよ!

 そして最後に、お口直しのシャーベット。これも加賀棒茶の、ほうじ茶とミントとグレープフルーツを合わせたもので、この組み合わせって??って説明聞いたときにはへーーなんて思ったんですが、これがまたちゃんと美味しいんだよね。グレープフルーツとミントなら普通だけど、そこにほうじ茶を合わせる発想はないよねー。でも美味しいんだよ、そこがすごいんだよ。お口直しというだけあってもんのすっごくさっぱりあっさりしていて、これならあと2杯頂けますって感じでした。すごく美味しかった。
 とまぁどれもこれも食べたことないけど美味しい味だったのです。これにドリンクが付いて1800円税込! ちょっと美味しいケーキ食べにカフェとか入ったらすぐそのくらいになっちゃうもの、このお値段でこれだけのものを頂けるのはすごいお値打ちだと思いました! 予約取るの大変だったけど行けてよかったーまた行きたい!