ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

くそったれなこともいつか麻痺しちゃう

 イライラしたり、上手くいかなくてああもう!!ってなったりした時、まばたきの度にふわふわ上下する羽根付きのまつげを思い出してやり過ごす。「お、踊るの…?!」の時のわざとらしく可愛いまばたきとか。