読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

「塀の中の中学校」予告&ナビ番組

 明日放送の「塀の中の中学校」に関連して、本日予告とナビ番組が放送されました。
 予告は1分ほど、公式サイトで公開されている予告動画とは違う、全編ドラマ本編からのシーンで構成されています。未來さんはあんまり出演シーンは長くないだろうから、予告ではキャスト紹介的にお顔が映るくらいかしら、と思っていたら、お名前テロップ付きでお顔も映りましたが、その後謙さんとの接見シーンが…台詞込みで10秒ほど流れました。うわー、何かもう、これだけでちょっと…キちゃうなぁ…。全1分の予告の中で10秒流れるって尺としてはずいぶん長いんじゃないかしらなんて思ってしまう。テレビガイドだかザテレビジョンだかで健さんも、一番このシーンが印象的だったと仰っていたし*1、ドラマ全体を通した中でも、とても重要なシーンなことがわかります。
 ナビ番組は、半分くらいがドキュメンタリーパートで、実際の桐分校へのTBSの取材映像や報道特集の映像、元教師の方のインタビューなどが中心でした。半分くらいがドラマに関してで、内館さんのインタビューやオダギリさん、渡辺謙さんのコメント、撮影風景と本編映像、製作側のコメントなど。未來さんは本編映像で2シーンくらい流れました。どっちも謙さんとの接見シーン、というかこの形でしかおそらく出てこないのだろうけど、どっちも…息が詰まる…ちらっとしか見られないのに、既に涙目です…。わかった明日は号泣だな。
 あ、大河くんのことを「大学で教鞭をとる息子」ってナレーション入りましたが、え、教鞭? 大学で? そりゃちょっと…えーーー?(笑)
 真摯な思いで、真正面から向き合って作られたドラマだというのが伝わってくるナビ番組でした。明日、楽しみに見たいと思います。

*1:あらすじというかシチュエーションも解説してあった