ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

「その街のこども」第36回放送文化基金賞(ドラマ部門)本賞受賞!

 「視聴者に感銘を与えた優れた放送番組・放送文化、放送技術の分野での顕著な業績」を対象に贈られる放送文化基金賞、ドラマ部門の本賞を「その街のこども」が受賞しました! わぁ嬉しい! おめでとうございますー!
放送文化基金賞 | HBF 公益財団法人放送文化基金
 リンクが貼ってあるpdfファイルから、受賞理由も読めます。「どこまでが演技でどこまでが素だか分からない様なリアルなドラマ」「震災が心に残した傷をうまく語ることが出来ない若者の感情を行き届いた脚本で静かに描き、テレビドラマの新たな可能性を示した」…そうそう、そうなんです!と首をぶんぶん縦振りしてしまう選考理由で…賞なんてもらわなくても良いと感じられるものは良いんだ!と思ってはおりますが、やっぱり評価されるのは素直に嬉しいです☆ ほんと、素敵な作品で…こういう震災の描き方もあるんだ、って目から鱗の作品で…嬉しいなぁ。
 脚本の渡辺あやさんは脚本賞も受賞されていますね! おめでとうございます、そして素敵な作品を、ありがとうございます。