読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

「東京月光魔曲」初日@シアターコクーン

 初日おめでとうございました〜!! すっごく楽しみにしていた「東京月光〜」、勝手に期待値ばかりガン上げしてしまっていて、膨らみきったこの期待大丈夫なの!?と自分でも心配するくらいでしたが、…良かった…! 面白かった! ていうか好みだった〜!! ミステリアスで隠微に淫靡、エロチックでグロテスク、猟奇で狂気で極彩色でモノトーン、冬の空気に赤い月…乱歩か横溝かはたまた小栗か、みたいなおどろおどろしくも幻惑的で魅惑的な3時間半でした…たまらん。素敵。好き。
 ストーリーはミステリ仕立てですが、正直1幕の半分くらいで、ああなるほど…!と分かった気になりました。それはまぁ外れてはいないんだけど、全体の1/3くらいの部分でしかなかった(笑)。
 ラストの雰囲気がすんごくスッキリしなくて良かったです。が、もうちょーっと、カテコまでの間に余韻がほしかったなぁ、と思いました。でも良かった、悪趣味で美しかった!
 客席でサンドロヴィッチ夫人こと(?)緒川たまきさんをお見かけしました。うっっつくしかった!!!
 あとは雑感をざっくりと、ネタバレあるので畳みます。
 
 
 
 セットはコクーンの回り盆を上手く使った多面的な造りで、ミニマムに抑えた装置ですごく雰囲気のある情景を表していました。ミニマムだけど物足りなさはないです! あと2幕後半のアレは個人的にすごく好き(笑)。レトロスチームパンク的にニヤニヤでした。魔都・東京の象徴的に現れるドーム付きのビルヂングも素敵でした…ほんと、探偵がヘリコプターの梯子で出てきてもいいくらい。
 瑛太さんは、すいません。めっっちゃくちゃ好みというか似合うというかタマラン役どころで…良かった…素敵でエキセントリックで破滅的で美しかった…。松雪さんと姉弟ですが、何かもう…うん。その姉にしてその弟だ。歌声もちらりとだけど聞けて…それはもうちょっと聞きたかったなぁ(笑)。今日は1箇所噛んでましたが、云い直して流しました。うん、良かった! 昭和レトロなヘアスタイルも素敵だったよ! あと佇まいに有無を云わせぬ品があるのが良いです。
 伊藤蘭さんとのシーンも…よかっ…ごちそうさまでした…(笑)。食い入るようにガン見しながら、豊さんに心中平謝りしておきました(笑)。やぁ…いいもの見ちゃった!
 松雪さんはもう、美貌と魔性っぷりが文句なく。この松雪さんの美しさと儚さ、危なっかしさ、蠱惑的、そういうのがないとまず成立しないお話で、そこに説得力を持たせるに足りる蠱惑っぷり、でございました…男じゃなくても狂わされそうだよあれ…。
 ユースケさんは、カトケン三上共演!と今朝気付いて*1、朝から倒れそうに動揺したのですが、期待したほどにカトケンと三上の絡みはありませんでした…違う軸にいたからね…。ユースケさんのキャラから勝手に、愉快でウルサい役かな〜とかぼんやり思っていたら、なかなか…哀しい役でした…。最初は可笑しかったんだけどね。それもまた、東京の魔力なんだね…。
 そして三上の代わりに(?)ユースケさんと絡みまくった赤地こと長谷川さん! すごい、ストーリーテラーだった! 部分的に独壇場だった! そして赤地のイメージを覆す可愛らしキャラで…可愛かったです。可愛いだけじゃすまなかったけど。やぁやっぱりいいわ長谷川さん! 安心だもの! しかしその後のふたりが気になる…。
 えーと、メインの役者さんがいっぱいで大変だ(笑)。蘭さんは本役がすごく哀しくて…痛々しかった…でも綺麗でした。瑛太にこらーっ!て云いたくなった…。山崎さんは英会話のCM?のイメージだったのですが、トリッキーな役を流石の安定感で見せて下さいました。やぁどんでん返しは一瞬頭ついていかなかったよ(笑)*2。トリッキーと云えば橋本さとしさんも! 途中までは予測の範囲内だったのに…びっくりした…。妄想シーン素敵でした(笑)。あとお歌が一瞬だけ聞けて、一瞬だけど明らかにというかあからさまにというか不自然なほどというか、まぁとにかく美声で美声で(笑)。ちょ、そんだけ!?てなりました…わかった歌声堪能は「ジェーン・エア」にする…。大倉さん犬山さんは、もうお任せって感じで! イヌコさん可愛かったなぁおかっぱ似合うなぁ。大変なシーンでもグロなシーンでも、イヌコさんと大倉さんのおかげで笑ってしまうのです。しかもふたりとも、せつない…イヌコさんなんかもうちょっとせつな過ぎるよ…! そんな…! イヌコさん大倉さん橋本さんのトリオは、楽しい分せつなくて、しかも…後からズーンと…響くわ…。
 あとはえーとえーと、鈴ちゃんは悪い小者でも悪くて、郷田さんも悪くて、大曽根さんは何かもう一筋縄じゃいかない気配プンプンで…ていうかこの芝居、一筋縄で行く人が出てこない! みんなどこか歪んでる、ずれてる、壊れてる…それは舞台が「魔都・東京」だから、てことか。
 ちょっとまだ、いろいろ未消化な部分があるので、次回以降で確認したいです。…そんなにたくさん行かないけどさ…。
 パンフは1800円、他にTシャツや手拭い、マッチなんかが売っていました。マッチほしいなぁ。売店ではノスタルジックな露店みたいにすいとんやくじ引き?が出ていて、BGMも蓄音機から流れる音みたいで、「牡丹燈籠」の時もそうだったけど、雰囲気作りから楽しいですコクーン。ロビーまで携帯圏外なのは若干困りますが(笑)。抑止装置ですかね。
 チラシは「変身」本チラが…でも裏は白いのね。「薔薇とサムライ」が、多分仮チラなんだろうけど、滅法カッコイイです。珍しくFC先行に当たったので楽しみ!

*1:今朝だよ今朝

*2:それはわたしの頭が残念な問題かと