読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

「怪談 牡丹燈籠」@シアターコクーン

瑛太 舞台

 未來さんお誕生日記念(?)に2回目の牡丹燈籠を観てきました。今日は突発的に追加した(笑)ので、コクーンシートの高みから見下ろす感じ。でも衝立の陰でニャンニャン(笑)する瑛太さんとかが良く見えて、なかなか面白かったです。死角もたくさんできちゃうけど…まぁお安い席ですからね。お得ですね。
 オープニングのタイトルとか、浮遊牡丹燈籠とか、映像とか舞台全体とか、をやっと観られました…前回*1は2列目センターで、近すぎて効果とかよくわからなかったから(笑)。やっぱりタイトルの纏はかっこいい〜。
 瑛太さんは、ちょっとお顔がふっくらしたかな?という印象が。相変わらず声も良く通って、初日より砕けた感じに、芝居に緩急ついたように思いました。おもしろいところはよりユーモラスに、お茶目になっていました。やっぱり姿が綺麗なんだな〜。1幕ラストは素敵です。うっとりガン見です。
 伊藤さんは声がちょっと枯れてきちゃってました。ハスキーなお峰さんでした。でも苦しそう、て感じはしなかったな。段田さんとの掛け合いはさすがに面白かった、けど後半の二人には何だか悲しくなってきてしまいました…人の幸せって何だろうね…。あと2幕の着物が素敵です。半襟の色とか…着物と帯の色合わせとか…全然知らないのでわからないまま云ってますが、今日じっくり見て、素敵だなぁと思った。
 で、やっぱり怪談なんだけど、後味がすっきり…なんだよな。すっきりというか、小気味良い。最後の円朝さんの口上とチョチョーン!の音が、むしろ清々しい終わり方で…粋、なのかしらね。
 渋谷を歩いていたら、マツキヨの前にUNOのポスターがありまして、春馬くん・小栗くん・妻夫木くんと共におすまししてる瑛太さんがいらっしゃいました。侍姿とはまた全然違ってて…ちょっと面白くなっちゃったよ(笑)。何か印象違うぞ、人形めいて見えるぞ、と思ったら、眉毛が綺麗になっちゃってるのね! スッキリしちゃって!

*1:初日