読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

「百万円と苦虫女」

 本編コメンタリーと、特典ディスクを見ました。特典のきなテ挨拶とか、中島なのにモリヤマミライなコメントとか、レインコートで自転車爆走とか、いろいろあった…お腹が痛い気分になった…。
 とりあえず、中島の汗一滴、見つけました。畳んでおくので、自力で見つけたい方は開かないで下さい(笑)。
 
 
 
 えーと、1:54:46の中の1コマ、中島のおそらく左もみあげから散ったひと雫が、本当に1コマだけ、顎横くらいの位置でキラッ☆と光って映っています。再生しても*1一瞬光るから、わかると思います。すげーキラッとしているー。
 散り落ちたのが光っているのはこの1コマのみだと思う*2ので、監督が舞台挨拶で云っていたのはコレ…でいいと思います。あと、そのもうちょっと先のシーンで、右のもみあげにも新たな水晶粒*3が生まれてるんだけど、それは散らずにおそらく、頬を伝って流れたんだろうと思われる消え方をしていて、惜しかったです(笑)。
 汗が滴るとしたら、もみあげか顎先か前髪の先くらいだろう、鼻先から散るには下向いたりしなくちゃだろうし、前髪から落ちるには中島の前髪はちょっと長いし、ともみあげ周辺をガン見してたら、大当たりでしたよ。ていうかわたしきもいですね。知っています。

*1:延々コマ送りで探した

*2:ずっと汗かき中島シーンをコマ送ったけどなかった

*3:真顔ですが