読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライ派野郎

森山未來とその周辺を果てしなく気持ち悪い感じに追いかける桐の日々散々。

ラスト・フレンズ

瑛太 ドラマ

 とりあえず、ベリーショートの樹里ちゃんが可愛い。可愛いったら可愛い。もちろんまさみちゃんもふわふわしてて可愛いのですが、いやー樹里ちゃんですよ。複雑な感情を含んだ目がとても印象的でした。あまりのだめを見ていなかった*1ので、樹里ちゃん=のだめ、というイメージもそんなになく。何となく彼女、不安定な感じがするんですよね。繊細過ぎて不安定というか、にっこり笑うけど心は開いていないというか。何か、その不安定な感じが、瑠可という役にすごく良く合っていたなぁ、という印象でした。そしてその不安定さが魅力にもなっていた。
 まさみちゃんも、ああこういう女の子はもてるよねー、という感じで(笑)。不幸てんこ盛りで、可哀想でした本当に。見てるこっちは、彼がDV男だというのを知っているから、家を出られると決まってウッキウキなみちるちゃんが不憫でならなかった…が、どうせなら錦戸くんがDV男、ていうのを番宣で出さないでおいたら、もっとこう…ウッキウキから急転直下でどん底不幸、というジェットコースター的気分が味わえただろうにな…いや味わえなくていいのかそんなん。とにかく怖かった…気分悪かった。
 で、そんな大変胸クソ悪いDV男を熱演の錦戸くん。会見で、「俺じゃにーずじゃなかったっけ?」て云ってたのもわかる豹変ぷりでした。大変だなぁ! これで彼の印象が悪くならないことを切に祈ります(笑)。ストーリー的には、うん、予想通りという感じの1話でした。が冒頭のみちるちゃんは…あれはキニナル。と同時に、一応作る側の頭の中に、物語としての落とし所、着地点はあるんだな、とちょっとほっとしたり。尻切れにならない安心感が持てました(笑)。まぁどうなるかわかりませんけど〜*2。ラストシーンの衝撃展開(笑)は、絶対そうだと思って見ていたので、ええ。どうなんのかなー今後、そいでどうあの冒頭につながるのかなー、つなげるのかなー。
 で、瑛太さん。…は、正直、今回はあまり印象に残らないというか…他が印象強すぎたというか(笑)。まだ目立った動きもないですしね、これからですよね。あ、シェイカー振る姿はかっこよかったです。あさみちゃんが、もったいないポジションにならないといいな。それにしても、瑛太さんのこと「顔薄い」とか云ってましたが…え? 薄い…の?? よ、よくわからないわ…。あと瑛太さんにフェミニンな印象がまるでないので、何か…不思議です。や、男性的!という印象はありませんけどね(笑)。
 駅前やバスロータリー、公園、あの辺りは正にかつてのわたくしの地元でありまして。ああ懐かしい〜!と思いながらそういうのも見てました。よくまぁ桜の時期のあそこで撮影したねぇ! ルカとみちるが雨の中再会(?)した場所は、マンガ「ガラスの仮面」でマヤたちが「真夏の夜の夢」公演を行った野外ホールです(笑)。よく部活の帰りに、楽器かついだまま自転車の後ろに立ち乗りさせてもらって、池の回り1周コースで!とか云ってデート中のカップルを邪魔したわ…。あそこでデートすると別れるってジンクスあるのにな! 公園のほとりに住んでる友達が、「ロケ邪魔!!」って怒っていないことを祈ります(笑)。
 そして主題歌。使い過ぎだろ(笑)。おかげさまで今日になっても、あまぷりずなーおぶらーははー、とウタダ嬢が脳内で歌ってらっしゃいます。が、いくら名曲だとしても*3 *4、使い過ぎは逆効果な気がするなぁ。ちょっとうざいよ、と思ってしまった。
 でも来週も見ますよ!

*1:どーしてもな…オケもの、って構えてしまうのです

*2:最近テレビドラマというものにちょっと懐疑的になりがちですよ

*3:名曲かどうかはわかんないや

*4:そういや先日のMステで聞いた同曲は、何か…音程が微妙でそればっか気になった…微妙にジャストよりピッチ低いんだもの